【11/26/2021 初外資系転職にお勧め求人まとめ】AWS

求人情報

初めての外資系転職におすすめの大手外資系テック企業求人案件まとめを、毎週金曜日にお送りしています。
原則として下記にあてはまる求人を掲載しています。

  • 日系企業から転職しやすい職種
  • 専門性が高すぎない
  • 英語力の要求が高すぎない(英語力不問~TOEIC 700点ぐらいまで)

本記事に掲載されている内容は抜粋になります。
詳細は各求人のリンク元の方でご確認ください。

最新の求人案件一覧はこちらへ

※※ 募集状況を定期的に確認していますが、確認漏れで終了・リンク切れの事もあります、ご容赦ください。

就活生の方: 新卒求人とインターン求人はこちらの記事にまとめてあります。

スポンサーリンク

AWS | アマゾンウェブサービス ジャパン株式会社

Amazon・AWSに応募する予定のある方。コロナ感染予防対策としてAmazonは現在すべての面接をリモートのバーチャル面接で行っています。Amazonのバーチャル面接の準備方法は下記ページにまとめられています。
バーチャル面接 | Amazon.jobs

 

Account Executive, Local Government, Public Sector, AWS

勤務地:東京
説明
Job summary
自治体のお客様と将来にわたって戦略的な関係を築き、クラウドを推進していくことに興味はありませんか。Amazon Web Services(AWS)のパブリックセクターの一員として、自治体のお客様のクラウドへのシステム更改やIT 戦略への提言を行っていきませんか。あなたのこれまでの自治体担当としてのビジネスキャリアを活かし、AWSがクラウドを提供する先駆者としての立場を確立するために一緒に活動をしていきませんか。

AWSの自治体担当のアカウントエグゼクティブとして、自治体のお客様がアマゾンのクラウドを活用し戦略的にお使いいただくための支援を行うというすばらしいチャンスがあります。自治体市場に対して選択と集中を考慮した事業戦略を策定し、お客様やパートナー様と業務面、技術面で連携し、新規ビジネスを立ち上げると同時に中長期戦略を持って日々の活動を行うというミッションを担います。同時に、社内のサービス部門、技術部門の担当者と協調し、お客様からの製品やサービスに対するフィードバックを社内関連部門に伝え、より良いサービスに革新していく必要があります。

候補者は、自治体のハイレベルな地位にあるお客様やステークホルダーと密接にビジネスを推進してきた経験とともに、より平易にAWSの価値をお客様に伝えるためのテクニカルな面での知見があることが望ましい、と考えております。また、候補者は自治体市場に対して戦略的かつ論理的な分析を行い、お客様への付加価値の創造や課題の解決を訴求していただくために、組織横断的な活動ができることが求められます。すなわち、リーダーシップとオーナーシップが必須となります。

Roles & Responsibilities:
・パブリックセクターの一員として、日本の自治体市場におけるAWSのビジネスを加速させる
・対象とする自治体市場に対して、選択と集中のための定義づけをおこなう
・対象とする自治体市場に対して戦略的なビジネスプランを策定し、AWSの戦略と一致していることを確認する
・策定したビジネスプランに基づいて、社内のメンバーと協調して活動を実践する
・ビジネスプランを遂行するためのパートナー様を発掘し、長期的な協業関係を確立する
・お客様の成功のためにより密接にお客様と連携し、お客様の業務面、技術面での要望を把握する
・お客様の課題を理解し、社内のサービス部門、技術部門と共有し、対応策を講じる
・ビジネスフォーキャストやオポチュニティーマネジメントの社内システムを理解し、適切に使用する
・日々発生する案件の課題や障壁を理解し、マネジメントチームへの報告を実施する
・現場で対処できない複雑な事案が発生した場合は、法務部門等の関連部門と調整する
・日々進化するクラウドコンピューティング市場において、その価値を理解して活動する
・コンピュータ、ストレージ、データベース等のクラウドコンピューティングの基礎的な技術知識を有する

基本条件
・自治体市場において5年以上の営業または事業開発の担当経験を有すること
・自治体市場における業界、業務、予算、調達等について基礎的な知識を有すること
・新規顧客、新規ビジネスの開拓経験を有すること
・お客様、パートナー様、ステークホルダーと密に協業し、信頼を得ることができること
・ミッションやゴールに基づいて行動し、包括的なテリトリープラン、アカウントプランを作成できること
・プランに基づいて行動を起こすことができ、AWSのマーケットシェアや売上を伸ばすことができること
・最新のテクノロジーやクラウドの知識を有すること
・自治体市場でのクラウド導入というチャレンジに対して、情熱と強い意志を持って推進できること
・流暢な日本語でコミュニケーションを行えること

歓迎条件
・海外メンバーと円滑にコミュニケーションをするためのビジネスレベルの英語力を有することは強みとなる
・公共機関側(出向や支援業務を含む)での仕事に従事していた経験は強みとなる

Amazon は男女雇用機会均等法を順守しています。人種、 出身国、性別、性的指向、障がい、年齢、その他の属性によって差別することなく、平等に採用選考の機会を提供しています。障がいをお持ちの方は、以下をご覧ください。

 

 

 

初めての外資系転職には

転職情報サイトで情報収集開始!

転職はしたいけど時期がまだ決まっていない方は、外資系に強い転職情報サイトへに登録して情報収集をいち早くスタートするのがおススメです。

ビズリーチは外資系スタートアップ、大手外資系や国内企業など、総合的に求人情報をカバーしている強力なサイトです。

公開求人数
115,000
採用企業数(累計)
13,200

企業の求人サイトをバラバラに見るよりも、ビズリーチ1か所だけを集中して効率よく最新の求人がチェックできるのが、大きな強みです。

TVコマーシャルでかなり有名なので、すでに登録している方も多いようですね。
3分程度で簡単に登録完了すれば、すぐに大量の求人案件を検索、閲覧できるようになります。

 


転職の意思が決まったなら転職エージェント

初めての外資系転職に挑戦する方は、わからない事や不安な事ばかりでしょう。

そんな時に相談相手になってくれ、プロフェッショナルな転職サポートをしてくれるのが外資系に特化した転職エージェントです。

転職エージェントは、レジュメや職務経歴書の書き方をアドバイス相手先外資系企業の内情やあなたにベストな求人を教えてくれたり、きめ細かいサポートで、かなりの確率で希望企業との面接に持ち込んでくれます

すでに転職の意思を固めていている方、まずはキャリアアドバイスや自分の職歴をレビューしてもらいたい方は、エージェント型転職サイトへの登録がお勧めです。

転職エージェントのメリットの一つですが、最初の面談から転職完了まで一切コストはかかりません。候補者が採用されて初めて、採用先から成功報酬を受け取るモデルだからです。

外資系に特に強い転職エージェント企業は下記3社です。

どちらのサイトでも登録は3分程度で完了です。

リクルートエージェント: https://www.r-agent.com/
転職支援実績 No.1 ー 業界最大級10万件以上の非公開求人数
全国16拠点
JACリクルートメント公式サイト:https://www.jac-recruitment.jp/
ーミドル・ハイクラスの方へ。JACだから紹介できる独占求人が多数
ランスタッド公式サイト: https://www.randstad.co.jp/
ー年収1000万以上、ハイキャリア転職ならランスタッド

 

 

合わせて読みたい

コメント