【WW14-2020 初外資系転職におすすめ求人】AWS

スポンサーリンク
求人情報

[WW14=2020年3月29日週] 

初めての外資系転職におすすめの大手外資系IT企業求人案件まとめを、毎週金曜日にお送りしています。
原則として下記にあてはまる求人を掲載しています。

  • 日系企業から転職しやすい職種
  • 専門性が高すぎない
  • 英語力の要求が高すぎない(英語力不問~TOEIC 700点ぐらいまで)

本記事に掲載されている内容は抜粋になります。
詳細は各求人のリンク元の方でご確認ください。

最新の求人案件一覧はこちらへ

※※ 募集状況を定期的に確認していますが、確認漏れで終了・リンク切れの事もあります、ご容赦ください。

就活生の方: 新卒求人とインターン求人はこちらの記事にまとめてあります。

スポンサーリンク

AWS | アマゾンウェブサービス ジャパン株式会社

エンタープライズ営業(新規開拓/首都圏・東日本)

勤務地:東京
概要:
· 首都圏、東日本地区にある準大手の中堅企業の新規のお客様(業種・業界・業態を問わず)に対してAWSの価値を理解していただき、採用決定および継続的な利用拡大を促します。
· ネットワーク・ハードウェア・ミドルウェア・アプリケーションを含む幅広いAWSのサービスを理解した上で、お客様のビジネスモデルや課題を意識した提案活動を行います。
· スピード感を持って市場カバレッジを拡大するために、インサイドセールスや、パートナーアライアンスチームやマーケティングチームと協業し、案件の発掘やクロージングを行います。
· 意志決定者層に直接価値訴求を行い、短期間で大きなコミットを取り付けます。
· 対応する顧客数が非常に多いため、直販営業としての活動を主軸にしながらも、パートナー様との協業やマーケティング部門と連携しマス向けの施策を推進する、スケールする仕組みを作っていくという発想も重要なポイントです。
基本条件
· 5年以上IT業界での法人営業経験(アカウントSEなど顧客との対面経験があるエンジニアも含む)
· ネットワーク・ハードウェア・ミドルウェア・アプリケーションを含む幅広いITインフラ知識(CIO、CTO、ソフトウェア開発者、ITアーキテクトと議論ができるレベル)
· 目標達成に向けた戦略的なプランニングと実行力
· 変化の多い環境への適応能力

スポンサーリンク

Amazon・AWSへの応募は転職エージェント経由がお勧め

Amazonの面接は、難易度が非常に高くなっています。
Amazon行動規範の”Leadership Principles”を元に、徹底的に過去の経験を質問されます。
この行動規範に則って行動できる社員を採用することに、非常に力を入れているのです。

Amazonの面接は事前に入念に準備をしていかないと、即撃沈のリスクがあります。
特に転職経験の少ない方は要注意です。

自分にあったポジションか判断できない、スキルや語学力がどのぐらい要求されているか、詳しく知りたい、面接対策に自信がない、、

そのような不安のある方は、転職エージェント経由での応募をお勧めします。

中でも、パソナキャリアはAmazonへの転職サポート実績が多数あります。

プロの転職アドバイザーが、ご自身のキャリアにマッチしたAmazon求人の紹介から、レジュメ・面接対策など様々なサポートをしてくれます。

パソナキャリアの転職サポートへの登録は非常にシンプルで、3分程度で完了します。

パソナキャリア公式サイト: https://pasonacareer.jp
ー求人数トップクラス、40,000件以上

登録後折り返し2日以内にキャリアアドバイザーから連絡があります。
あなたのキャリアにお勧めの求人、転職にあたっての各種対策など、遠慮なくいろいろ相談してみて下さい。

面接対応等に自信のある方は、Amazonの求人ページから直接申し込みでOKです😃

Apple | Apple Japan合同会社

Apple Store 各種求人

Apple Japanでは直営のApple Storeで常時複数の求人を行っています。
英語力不問かつ、店舗・営業経験等があれば必須事項が満たせる求人が多いです。
上記のリンクからご覧ください。
 

 

合わせて読みたい

スポンサーリンク

初めての外資系転職には転職エージェント

初めての外資系転職に挑戦する方は、わからない事や不安な事ばかりでしょう。

そんな時に相談相手になってくれ、プロフェッショナルな転職サポートをしてくれるのが外資系に特化した転職エージェントです。

転職エージェントは、レジュメや職務経歴書の書き方をアドバイス相手先外資系企業の内情やあなたにベストな求人を教えてくれたり、きめ細かいサポートで、かなりの確率で希望企業との面接に持ち込んでくれます

すでに転職の意思を固めていている方、まずはキャリアアドバイスや自分の職歴をレビューしてもらいたい方は、エージェント型転職サイトへの登録がお勧めです。

転職エージェントのメリットの一つですが、最初の面談から転職完了まで一切コストはかかりません。候補者が採用されて初めて、採用先から成功報酬を受け取るモデルだからです。

外資系に特に強い転職エージェント企業は下記3社です。

どちらのサイトでも登録は3分程度で完了です。

エンワールド: https://enworlddigital.com/
Web面談実施中! \Amazonを始め大手外資系企業多数!/
JACリクルートメント公式サイト:https://www.jac-recruitment.jp/
ーミドル・ハイクラスの方へ。JACだから紹介できる独占求人が多数
ランスタッド公式サイト: https://www.randstad.co.jp/
ー年収1000万以上、ハイキャリア転職ならランスタッド

転職はしたいけど時期がまだ決まっていない方は、外資系に強い転職情報サイトへに登録して情報収集をいち早くスタートするのがおススメです。

ビズリーチは外資系スタートアップ、大手外資系や国内企業など、総合的に求人情報をカバーしている強力なサイトです。

公開求人数
115,000
採用企業数(累計)
13,200

BIZREACH

企業の求人サイトをバラバラに見るよりも、ビズリーチ1か所だけを集中して効率よく最新の求人がチェックできるのが、大きな強みです。

TVコマーシャルでかなり有名なので、すでに登録している方も多いようですね。
3分程度で簡単に登録完了すれば、すぐに大量の求人案件を検索、閲覧できるようになります。

 

 

 

コメント