転職エージェントを使うべきか4つのチェックポイント

外資系への転職方法は、大きく分けて3つあります。

  1. 外資系企業の求人ページから自分で応募する
  2. 転職サイトに登録して提案(スカウトメール)を待つ
    または、希望の案件に自分で応募する
  3. 転職エージェントを利用する

そもそも、転職エージェントとはなんでしょうか。
わかりやすくいうと『ヘッドハンターです。『転職コンサルタントとも呼ばれます。

元々、ヘッドハンターは規模の小さな人材紹介会社に契約で所属し、探し出した人材が採用されると企業からのリテイナー・フィーを受け取る報酬モデルです。
今もこのモデルは継続されているのですが、近年はリクルートエージェントのような大企業も同様な事業を行っており、社員がヘッドハンターに当たる仕事を行います。
このような大手企業ではヘッドハンターに代えて、転職エージェントまたは転職コンサルタントと呼称するのが一般的になっています。

本記事では、どんな状況の時に転職エージェントを利用するべきか、チェックポイントを4つまとめました。

自分のスキルで何に応募できるかわからない


専門職の募集がほとんどの外資系企業で、自分が日本企業で学んできた事で何ができるのか、認めてもらえるか解らない方は多いと思います。
ご自分で目指す企業の募集要項を見ても、あれが足りてる、これが足りない、と気になってどれにも応募できなくなってしまう事も。

あるいは、既に何件か直接応募していて、どれも返信がない方。
もしかして、応募している職種とご自身のスキルがマッチしていないのかもしれません。

周りに外資系勤務経験のあるの友人知人などいれば、ぜひとも相談してみて下さい。
ご自分の視点ではわからなかった事を色々とアドバイスしてくれると思います。

周りに相談できる外資経験者が居ない方は、転職エージェントを利用するのが良いと思います。

転職エージェントは、担当企業の求人情報、人事担当者の目に留まる職歴、スキルなどを熟知しており、あなたの資質にあった企業、職種を探し出してくれます。
あなたの職務経歴書の内容を元に、希望を聞きながら、丁寧にアドバイスと候補企業と応募職種の提案をしてくれます。

一方、彼らは沢山の不合格者も見てきています。
あなたの職務経歴をベースに、合格の可能性の高い提案をしてくれると同時に、合格の可能性の低い案件についてははっきり言ってきます。

応募書類、面接、給与交渉、どう進めていいか分からない

外資系企業への応募では、特有のフォーマットの職務経歴書、英文のレジュメと、日系企業への転職とは勝手が違います。

また、面接も極めて実戦的な内容で厳しい目で診断されます。

年功序列ではありませんから、希望の年収もこちらから提案を出し、交渉をする必要もあります。

当サイトには関連の情報を色々とまとめてありますので、ぜひ参考にしていただければと思います。
外資系企業への転職にあたり、参考になる書籍も読んでみることをお勧めします。

最新の書籍では↓のやっぱり外資系! がいい人の必勝転職AtoZが総合的に書かれておりお勧めです。

やっぱり外資系! がいい人の必勝転職AtoZ
鈴木 美加子
¥ 1,540(2020/01/18 13:00時点)

ご自分で一通り調べてみて、自分だけで進めるのに不安がまだある方は、転職エージェントを使う事をお勧めします。
彼らは担当の外資系企業に沢山の候補者を送り込んでいる外資系転職のプロです。
職務経歴書やレジュメの添削なども頼りになります。

給与の交渉に関しては、採用時の彼らのインセンティブ(採用者の年俸の数十%を相手先企業が支払う)に関わってきますので、希望を言ったらあとはお任せモードでOK.
採用の際には満足の行くオファーが提示されると思います。

 

自分に合う求人が見つからない


アップル、グーグル、アクセンチュア、、誰でも名前が思いつくような大手の企業であれば、思いつくままその企業の求人ページへ行って探せばいいと思います。
ただし、大手の企業は競争も激しく、結果として募集要項の内容もかなりハードルが高いものが多くなっています。

日本は三千を超える外資系企業がありますから、調べていけばきっと自分の職歴と希望にマッチした外資系が見つかると思います。

下記のような外資系に強い転職サイトに登録すると、たくさんの外資系企業の求人を検索、閲覧することができます。
サービス内容を確認して、良さそうなところに登録をお勧めします。
下記三社はサービスは全て無料です。(ビズリーチのプレミアムステージは有料)

ビズリーチ: https://bizreach.biz/

キャリアクロス: https://www.careercross.com/

DODAグローバル: https://doda.jp/global/

これらの転職サイトの求人案件は、企業の人事担当者と転職エージェントの両方から登録されています。
ですので、転職エージェント経由の案件に申し込むと、自動的に担当エージェントがついて丁寧にサポートをしてくれます。
また、ご自分に合っていない案件だった場合は、他の求人を探して紹介してくれます。

とにかくスグに転職したい


むしろ、今の会社をとにかくスグに辞めたい!!!
でも次を決めてからでないと辞められない。

その気持ち、凄くわかります。
私も何回も経験しているので。

往々にして転職エージェントを利用する方が、転職が決まるまでの期間が短い事が多いです。

彼らは企業の人事担当者と直接のパイプを持っており(そうでない人もいますが)、これと決めた候補者を面接に持ち込むのがとても上手です。
また、企業側が採用を急いでいるような案件を持っていたりもします。
加えて、彼らは外部に公開されていない『非公開求人案件』をいくつも持っています。

焦りすぎるのは注意ですが、『転職を急ぎたい』とエージェントに伝えれば、ベストの案を検討してくれると思いますよ。

外資系企業への転職に強い転職エージェント企業は下記4社、ぜひ内容をチェックしてみてください。

ランスタッド: https://www.randstad.co.jp/

リクルートエージェント: https://www.r-agent.com/

ロバート・ウォルターズ:https://www.robertwalters.co.jp/

JACリクルートメント: https://www.jac-recruitment.jp/

気に入ったところがあれば、ぜひ登録して一度転職エージェントと話をしてみると良いと思います。

まとめ

  • 自分のスキルで何に応募できるかわからない
  • 応募書類、面接、給与交渉、どう進めていいか分からない
  • 自分に合う求人が見つからない
  • とにかくスグに転職したい

初めての外資系転職をされる方は、わからない事や不安な事が多いと思います。
そんな時に相談相手になってくれ、プロフェッショナルな転職サポートをしてくれるのが転職エージェントです。

転職エージェントはレジュメや職務経歴書の書き方をアドバイスしてくれたり、相手先企業の内情を教えてくれたり、きめ細かいサポートをしてくれ、かなり高い確率で希望企業との面接までもちこんでくれます。
外資系企業への転職に強い転職エージェント企業は下記4社、ぜひ内容をチェックしてみてください。

ランスタッド: https://www.randstad.co.jp/

リクルートエージェント: https://www.r-agent.com/

ロバート・ウォルターズ:https://www.robertwalters.co.jp/

JACリクルートメント: https://www.jac-recruitment.jp/

気に入ったところがあれば、ぜひ登録して一度転職エージェントと話をしてみると良いと思います。
あと、転職エージェントの利用料は完全に無料です。
彼らは成功報酬を企業側から貰うモデルになっています。

ちなみに、私は転職活動の際は複数の転職エージェントに登録するようにしています。
そうするとバックアップにもなるし、別で進んでいる案件の話をして、もう一方のエージェントに巻きを入れたりできるからです。

ご質問などありましたら記事へのコメントか、Twitterで@メンション下さい。

匿名での質問希望の方は質問箱へどうぞ。

合わせて読みたい

外資系求人で転職エージェント(コンサルタント)を頼るべき6つの理由
外資系企業が求人をする場合、転職エージェント(転職コンサルタント、ヘッドハンター)を使う事が一般的です。 日本企業の求人ではあまり転職コンサルタントを使う事はありません。 自社求人ページに加えて、求人サイトなどへの掲載ぐらいが標...
外資転職 Q & A まとめ
本記事では外資系企業転職に関する、よくある質問と回答(Q&A, FAQ)を多数まとめています。 全部で50個以上のQ&A、文字数にして約1万2千文字とボリューム満点です。 ※サイト主はハイテク(IT)系外資出身なので...

コメント