職務経歴書にTOEIC点数がないと選考落ちの可能性大!

外資系企業の英語力必須の求人で重要視するのが、応募者に何らかのグローバル経験があるかどうかです。
職歴や学歴からそれが読み取れない場合は、英語力試験のスコアを判断材料にすることになります。
海外勤務、帰国子女、外資系勤務経験などー確かにこういう人たちにはTOEICの点数は不要です。英語環境で生きてきた実績がありますから。
でも英語に関する経歴が何もない場合、TOEICのスコアぐらいしか、その人の英語力が判断できません。
そういう人のレジュメにTOEICのスコアがなかったら、私なら面接しないで不採用にします。

TOEICのスコアがあればこれはしめたもの。

TOEICのスコア次第で、面接しないで落とすかどうか決められるからです。

えっ何それこわいと思った方は以下お読みください。

グローバル経験がない人こそTOEIC L&R高得点が必須


外資系企業の採用で、レジュメを見るときに重要視するのが、応募者に何らかのグローバル経験があるかどうかです。

過去に外資系での勤務経験や海外企業とのビジネスの経験がある。または留学の経験があるなど。
こういった経験がすでにある方であれば、外資系特有のカルチャーになじんでバリバリ外人と働けるか、会わなくてもおおよその判断がつくからです。

 

職歴などからグローバル経験が読み取れない場合は、TOEICなどの英語力試験のスコアを判断材料にすることになります。

英語の資格試験にはTOEICの他にもTOEFL、英検、国連英検などもあります。
外資系企業で最も一般的な目安はTOEICのスコアになっており、それ以外はあまり参考にされません。
あるとしたらTOEICにおおよそのスコア換算ができるTOEFL、IELTSぐらいでしょうか。

TOEICには、TOEIC Listening & Reading (TOEIC L&R) と TOEIC Speaking & Writing (TOEIC S&W) の二種類があります。
外資系企業での英語力判断には主にL&Rが使われ、S&Wの方はあまり使われていません。
少なくとも、私はS&Wのスコアが書いてあるレジュメを見たことがないです。

ぶっちゃけ採用マネージャー側はTOEIC L&R 以外の英語試験のグレードの分布をよくわかっていませんので、その他の英語検定は満点や1級クラス以外はあまり響かないと思います。
かくいう私も、TOEIC S&Wが何点満点か、何点からが高得点か知りません。(笑)

ではどのぐらいのTOEIC L&Rスコアが期待されるのでしょうか?

 

英語力が必要な職種なら最低でも750点

日本の上場企業の国際部門ですら、TOEIC700点以上が必要とされています。
(出典:上場企業における英語活用実態調査 2013年)

外資系で英語力が必要な職種であれば、ビジネス系で800点以上、技術系でも750点ぐらいは欲しいと思います。

TOEIC L&Rの試験にはスピーキングが含まれていませんが、大体の場合でスコアにそった会話力があると想定しておきます。
個人的には、TOEIC L&Rのスコアからくる会話力の想定はこんな感じです。

  • 750点 たどたどしいが英語で基本的な会話できる
  • 800点 若干頼りないが基本的なビジネス会話ができる
  • 850点 問題なく基本的なビジネス会話ができる
  • 900点+ 込み入ったビジネス会話ができる

私が外資系企業で採用担当マネージャー(hiring manager)として、英語が必須な職種に応募してきた履歴書を見る際には、実際に800点で足切りをしていました。
期待値より低いぐらいのTOEICスコアなら、あえてレジュメに書かないという選択肢もあるかと思います。
ただし、職歴にも英語関係がなければ、英語力の判断ができなくなってしまいますので、グローバル系の職歴を盛る(嘘はいけませんよ)なり、『今猛勉強中』なりの意思表示をする必要があると思います。

ちなみに、TOEICはビジネス英語に即した試験になっています。
そのため、海外在住経験や仕事で日常的に英語を使っている人は勉強しなくても結構高得点がとれます。

 

TOEICのスコアを上げる学習

誤解してはいけないのは、TOEICのスコアを上げれば英語力が上がるわけではないという事です。

TOEICは自分の現在の英語力を数値化する試験になっています。
ですので、総合的に英語力を上げる事がTOEICの大きなスコア向上につながります

英会話スクールや、個人レッスンなどを利用して、自分の全般的な英語力を向上させる事が一番重要と思います。

短期間で英語力を上げたい!と思ったらマンツーマンの集中トレーニングがベストです。
スケジュール的にもかなりハードですし、金額も張りますが短期間での成果はかなりあると思います。

テンナイン・コミュニケーションズ:英語のプロ、通訳エージェントが開発した1ヶ月の超短期英語プログラム

コストは下がりますが、グループレッスン系は個人的に全くお勧めしません。
他の下手な生徒の下手な英語のスピーチを聞くのは苦痛ですし時間も無駄です。
コストを下げたいなら、オンラインのマンツーマンをお勧めします

レアジョブオンライン英会話: 会員数50万人突破!業界No.1のオンライン英会話

一方、TOEICの試験自体には慣れておく必要はありますし、使われる単語やイディオムは復習しておけば点数を伸ばす事ができます。

TOEICの試験を申し込んだら、公式問題集は一通り解いておくと試験会場で慌てずに済むと思います。

ETS公式問題集にはリスニング用のCDも付属し、実際のTOEIC試験の感覚が学習できます。

公式TOEIC Listening & Reading 問題集 5
Educational Testing Service
¥ 3,300(2020/01/18 12:29時点)

一度受けると分かりますが、リスニング100問、ライティング100問を2時間で回答する、TOEICの試験は時間との戦いになります。

リスニングではさっさと回答をマークしないと問題がどんどん先に進んでしまいます。
筆記もかなりのスピードで解いていかないと時間切れになります。

このスピード感覚に慣れるためにはスタディサプリなど、オンライントレーニング系が効果的と思います。
紙の参考書ではできない、解答時間管理や、学習履歴の記録、間違えた問題を自動でピックアップして再学習など。
スタディサプリで練習していると、自然と時間管理に慣れてきます。
短期間での成果もかなり高く、1か月で最高250点もアップした方がいるそうです。
TOEICを申し込んだら、試験日までやってみると点数が底上げできると思います。

スタディサプリ TOEIC L&R対策コース
こちらは毎月2,980円の標準コース。7日間無料体験もあり。

スタディサプリ TOEIC L&R対策コース パーソナルコーチプラン
こちらは専属の担当者がつくパーソナルコーチプラン。
12回分割払いで1月あたり4,000円。
7日間の無料体験もあり。

転職サイトの登録は早いほど良い理由

外資系の求人情報をウォッチするのは転職サイトへの登録がベストです。
複数の企業の求人情報が一元的に確認できますし、希望の職種を登録しておけば、希望の求人があったらメールで連絡をくれます。
流し見しているだけでも、その時々の求人状況の勉強になりますし、その気がなくても面白そうな求人を見つけてしまったりもします。
転職は水物なので、何もしないでいると知らないうちにチャンスを逃す事は往々にしてあります。

転職サイトはたくさんありますが、外資系企業に強いのは下記3社です。
サービス内容を確認して、良さそうなところに登録をお勧めします。
下記三社はサービスは全て無料です。(ビズリーチのプレミアムステージは有料)

ビズリーチ: https://bizreach.biz/

キャリアクロス: https://www.careercross.com/

DODAグローバル: https://doda.jp/global/

最近日本企業でもリストラや退職勧奨が盛んになってきています。
私も何度か大規模なリストラを経験してきましたが、一番大きな教訓は

リストラが起きてから転職活動を始めたら手遅れ

ということです。
大規模なリストラが起きると、多数の社員が社内外で一斉に仕事を探し始めるので、競争が激しすぎて勝てないのです。
世知辛いご時世ですから、日ごろから準備をしておくことを強くおススメします。

ご質問、ご意見などありましたら、コメント欄かTwitter(@Gaishiinfo) までお気軽にどうぞ。

 

合わせて読みたい

アマゾンの求人100件調べて分かったTOEIC 500-600点台取得のメリットとは
外資系求人の多くでは、会話まで含めたビジネスレベルの高度な英語力を要求されます。 しかし、一部の職種においては英語が一切不問だったり、会話力までは問わない求人もあります。 この二つに関しては、TOEIC 500点以上を取得してお...
未経験者が外資系転職の準備期間に行うべき7項目
『今勤めてる日本の会社を早く辞めたい!』 『次の仕事は外資系にしたいけど、初めてだから慎重に行きたい!』 という方向けに、転職準備期間中にまず何をしたら良いか、この記事にまとめておきます。 外資系初転職希望の方、ぜひ参考に...

コメント