英語できないけど外資系企業に転職はムリ?

結論から言うと、英会話が不得意で外資未経験であっても、外資系企業に就職して働くことができます!

外資系企業であっても、英会話を必要としない職種は色々あります。

また、英会話が必要な職種でも期待される英語力レベルはピンからキリまであります。あなたの現在の英語力にあった仕事も見つかるかもしれません。

この記事では英会話が得意でない方が外資系企業への転職を狙うにあたって、注意すべきポイントをまとめていきます。

募集要項でよく確認

外資系企業の募集要項には、その職種に期待される能力や実績などとともに、英語力(またはその他の外国語)の必要レベルが必ず書かれています。

『英語力不要』と書いてあれば、英語が全然できなくても大丈夫。
外資系の求人は2か国語で書かれている事が多いですが、英語不要の場合は日本語のみで書かれています。
英語ができる人材が比較的少ない営業、物販のバイヤー、流通スペシャリストなどでは、能力のある人材確保優先で、英語不要で募集が多く行われています。
Amazon、Microsoft、Appleなどの日本法人でも、英語不要として募集されている職種は常にあります。

英語力必須のk獣人には、必要な英語力に関して“conversational(日常会話レベル)”“business level(ビジネスレベル)”“fluent in English(優れた英語力)”などと書かれています。

“conversational”の募集の場合は、『英会話がそれほど得意でない』人でも応募して問題ないレベルです。
ごくたまに外国人スタッフと英語で会話する必要がある仕事かなと。
面接することができたら、どのような局面で英語が必要になるのか聞いてみてください。

“business level”はTOEIC(トイック、トーイック) XXX点以上と、TOEICの必要スコアが書かれている募集も多いです。
期待値はTOEIC 500-600点以上。本社または外国企業とのコミュニケーションが日常的に行われる職種の場合、このレベルが要求されます。
ビジネスレベル英語力必須の募集の場合、募集要項が英語のみで書かれている場合があります。
その場合、採用を日本人に限っていないか、英語のリーディングスキルを試されているか、採用マネージャーが外国人のどれかです。
海外生活、英語での仕事の経験がない方は、”business level”への応募は厳しいです。

“fluent”は、外国人とビジネスコミュニケーションが支障なく行えることを期待されています。TOEICだと800点以上のレベルです。

英語に賭ける熱意を表現しよう


英会話が得意でない方こそ、応募する際にTOEIC L&Rのスコアがあった方が良いです。
英語が必須でない職種でも、履歴書を見る側からすると、

『お、高くはないけどTOEICのスコアが書いてある。英語は勉強中なのかな。』
『TOEIC 600点取れてるのか。もしかしたらこの仕事以外もイケるかな。』

などとポイントアップして面接にこぎつけるチャンスが増えるかも知れません。

また、面接で余った時間に英語に関する話をして、『今は得意でないけど、英語は頑張る感』をアピールおきましょう。
というのも、外資系企業の場合、『英語は社員全員できるに越したことはない』と考えています。
英語が得意でない社員は、組織変更などの際に色々と制約がでてきてしまうからです。

面接で『英語に前向き』な質問をしてみましょう

『英語は勉強中なのですが、この仕事で英語力が必要になる事はありますか』

『社内に英会話のクラスはありますか?』

『英会話レッスンの補助などはありますか』

『海外転勤のチャンスはありますか』

『将来管理職や製品担当を目指す場合、英語力はどのぐらい必要ですか』

外資系企業は、自己研鑽する熱意のある社員を歓迎します。
今は英語が得意でなくても、自分で何とかするモードを見せておくのはプラスになります。

日常会話レベル以上の募集の場合はレジュメにTOEICのスコアがあるのは大歓迎です。
特に、初めて外資系に転職しようとしている方の場合、TOEICのスコアを見るぐらいしか、面接前に英会話力を想定することができないからです。

TOEIC L&Rは年10回(1・3・4・5・6・7・9・10・11・12月)全国約80都市で実施されていますので、気軽に受験できます。

TOEICの申し込みは公式サイトから簡単にできます。
大手コンビニチェーンの端末からも申し込めます。

一度受けると分かりますが、リスニング100問、ライティング100問を2時間で回答する、TOEICの試験は時間との戦いになります。

リスニングではさっさと回答をマークしないと問題がどんどん先に進んでしまいます。
筆記もかなりのスピードで解いていかないと時間切れになります。

このスピード感覚に慣れるためにはスタディサプリなど、オンライントレーニング系が非常に効果的です。

紙の参考書ではできない、解答時間管理や、学習履歴の記録、間違えた問題を自動でピックアップして再学習など。
スタディサプリで練習していると、自然と時間管理に慣れて行きます。
あと、TOEIC L&Rのリスニングには引っ掛け問題がかなり出てきます。
スタディサプリにもいやらしい引っ掛け問題がたくさんあって訓練が進みます。

短期間での成果もかなり高く、スタディサプリ1か月で、最高250点もアップした方がいるそうです。
TOEICを申し込んだら、試験日までスタディサプリで毎日学習すれば点数がグッと底上げできます。
スタディサプリには複数のコースがあって、TOEICに対応した1週間お試しつきコースは下記の2つだけです。
間違えないようにご注意ください。

スタディサプリ TOEIC L&R対策コース
毎月2,980円の標準コース、1週間お試し体験つき
自分でコツコツ学習できる方はこちらがお勧め
スタディサプリ TOEIC L&R対策コース パーソナルコーチプラン
専属の担当者がつくパーソナルコーチプラン、1週間お試し体験つき
一人で続けるのが苦手な方はこちらがお勧め

スタディサプリのすごく便利なところは、1コマ分のレッスンが3分程度で区切られているため、通勤通学、昼休みなど、隙間時間を利用してスマホ、タブレット、PCのどれでもコツコツ勉強できるところです。
まとまった勉強時間が取りにくい方には超おすすめです。

英語の面接

『英語力不要』と明記されている募集であれば、まず英語の面接はありません。
あったとしても英語の面接で落される事はなく、『どのぐらいだったら話せるのか』の確認をするぐらいですのでご安心を。

『日常会話レベル』の場合は、英語の面接がある可能性が少しあります。
英語の面接は通常は外国人が行います。
事前にある程度は英語面接対策をして行った方が得策でしょう。

『ビジネスレベル』以上の場合は確実に英語の面接があります。
あるいは、採用マネージャー自身が外国人で、その場合面接が全部英語で行われる事もあります。

面接まで、あるいは入社までの1-2カ月で出来る限り英語力を上げたい!と思ったらマンツーマンの集中トレーニングがベストです。
スケジュール的にもかなりハードですし、金額も張りますが短期間で成果が出るカリキュラムになっています。

 
TOEIC L&Rで高得点は取れたけど、会話がどうにも苦手、という方はビジネス会話に特化したプログリットがお勧めです。

個人レッスン、特に集中型レッスンは時間の制約とコストがかかります。
コストを下げたいなら、オンラインのマンツーマンをお勧めします。
オンラインのレッスンであれば、スケジュール的にも柔軟性がありますし、室内でスマホが使える環境ならいつでもどこでも、レッスンを受けることができます。

レアジョブオンラインには、無料体験レッスンがありますので、一度受講してみては。

外資系企業でのご自身の将来のキャリアアップを狙って、英語力の向上をぜひ頑張ってください。
身に着けた英語力は、将来必ず役に立ちます。

まとめ

募集要項で英語能力の要不要、どのレベルが期待されているかを確認しましょう。

  • 『英語力不要』と書いてあれば、英語が全然できなくても大丈夫。
  • “conversational”(日常会話レベル)の募集の場合は、『英会話がそれほど得意でない』人でも応募して問題ないレベルです。
  • “business level”(ビジネスレベル) はTOEIC L&R 500-600点クラスを期待されています
  • “fluent in English” (優れた英語力)は英語で複雑なビジネスコミュニケーションができるレベルが期待されます。

TOEICのスコアを取得、英語力向上への熱意を伝えましょう。

  • たとえ英語が不要な募集であっても、良い点数のTOEICスコアがあると書類選考上好印象になります。
  • 得意ではないが英語を自分で勉強している、というアピールポイントにも。
  • 面接で空いた時間に英語への熱意もアピールしておきましょう

英語の面接がある場合に備えて準備をしておきましょう。

  • 英語不要の募集には英語の面接はまずありません。
  • conversationalでは面接がある可能性があります。緊張せず会話ができるように準備していきましょう
  • business levelでは確実に英語の面接があります

ご質問、ご意見などありましたら、コメント欄かTwitter(@Gaishiinfo) までお気軽にどうぞ。

合わせて読みたい

外資系に強い転職サイトを活用するべき理由

外資系への転職に慣れている人たちは、すぐに転職の予定がなくても、定期的に転職サイトや企業の求人ページをチェックしています。

なぜでしょうか?

その理由は2つあります。

近い将来キャリアアップできるチャンスがないかチェック

現在求人状況がどのようになっているか、自分のキャリアで応募できる職種があるかどうかなどを日常的に確認して、良い転職機会を見逃さないようにします。

さらに転職サイトにはスカウト機能があり、登録をしておくと、企業の採用担当者や転職エージェントから求人案件のスカウト(応募または面接のオファー)が来ることがあります。
オファーを受けるかは自分で決められますが、魅力的な内容であれば面接に進んでスムーズに転職できてしまうことも。

リストラ等が起きても、すぐに転職活動が開始できるように

外資系企業には事業不振の際にリストラが行われるリスクがあるから、自己防衛の意味で準備を怠らない人が多いです。

外資系企業だけでなく、近年は富士通、ルネサス、キリンビールのような大企業でも既に数千人レベルの早期退職を推進しています。

加えて、新型コロナウィルス感染拡大による経済的打撃を受けて、多くの企業でビジネスが厳しい状況に追い込まれています。

今後、どんな会社で明日リストラが起きても全くおかしくない状況です。

有事の際に機敏に対処できるよう、日ごろから転職サイトで求人情報をチェックしておくことをお勧めします。

外資系企業に強い転職サイトは、ビズリーチが最大手で、外資系、グローバル系の求人が多数掲載されています。

公開求人数
115,000
採用企業数(累計)
13,200
登録ヘッドハンター数
4,300

ビズリーチは外資系はもちろん、スタートアップ企業や国内大手企業など、総合的に求人情報をカバーしている強力なサイトです。

企業の求人サイトをバラバラに見るよりも、ビズリーチ1か所だけを集中して効率よく最新の求人がチェックできるのが、大きな強みです。

TVコマーシャルでかなり有名なので、すでに登録している方も多いようです。
5分程度で簡単に登録完了すれば、すぐに多数の求人案件を検索、閲覧できるようになります。

 

コメント