英語力 転職活動

外資系企業転職に必要な英語力とは

更新日:

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア

外資系の会社で働くと考えると、まず気になってくるのが『どのぐらいの英語力が必要か?』ですね。

基本的に英語はできるに越したことはありません。ですが、実際の求人においては『職種・状況によりケースバイケース』です。

 

英語力が必須でないケース

直接的に英語をあまり使わない職種では、英語力を強く求められないケースがあります。

一般的に外資系企業としては、英語(または他の外国語)が出来る人材が採用できる事が望ましいです。日本語を話さない社員もいるし、社内メールや、システムの関係上どこかしら日本語化されてないものがあったりするからです。
しかし、英語力がさほど重要でない求人においては、たとえ英語力がイマイチでも、必要な能力を持った人材を採用することが優先です。

こういった求人でうまく話がまとまれば、英語ができなくても外資系に入ることができます。ただし、入った後が問題です。

外資系では、他の職種への自由な社内異動や、海外本社への転勤などの機会が多くあります。
また、実力主義の外資系では昇進のチャンスもたくさんあります。ですが、職責が上がれば上がるほど英語力の要求は高くなってきます。

今は得意でなくても、自分で英語力を高めていこうという気構えがなければ、外資系への就職はお勧めしません。

 

英語力が必須なケース

  • 海外の本社、あるいは外国人の顧客対応が必要な職種の場合、英語でのコミュニケーション能力が重要視されます。
  • 本社チームに直接連携が必須な職種。シニアポジション、マネージャークラス以上の外資系求人では確実に英語力が求められます。
  • スタートアップ(ベンチャー企業)では、社員の人数も限られていますから、日本語しかできない社員は採用できません。
  • あと、日本語ができない外人が採用マネージャーの場合。面接から全部英語になりますので逃げられません(笑)

このへんが主なケースですが、どのぐらいの英語力が求められるかは、これまたケースバイケースと思います。

個人的な話になります。英語力が必須な採用に関しては、TOEIC(トイック、トーイック)で最低800点なければ、書類選考ではじいてました。
このラインを超えてないと、まず流ちょうに英語を話すことができてないと思うからです。

 

 

優れた英語力(ネイティブレベルに近い)が必須なケース

海外の本社、支社勤務またはそれを前提とした採用。ディレクタークラス以上のポジション。

こういったケースの採用だと、日本人と外国人どちらでも応募できる事が多いです。

余談ですが、このクラスに応募してくる人には、『英語しかできない』日本人たちが結構います。外人受けがいいため、結構採用されてしまうんですねこういう人たち。入った後はお察しです。

 

まとめ

外資系での英語力の要求は職責、状況によりケースバイケース。
もちろん、英語ができるに越したことはないが、英語力を全く求められないポジションも存在します。

英語力が必須でない職種で入社できても、『英語が出来なければ社内で長期的な展望がない』点を心にとめておきましょう。

あと、外国人は自己研鑽する人が大好きです。面接時に、『英語が得意でないですが、毎週英会話教室に通って勉強しています』みたいに言える方は評価されます。

 

ご質問、ご意見などありましたら、コメント欄かTwitter(@Gaishiinfo) までお気軽にどうぞ。

 

合わせて読みたい

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア




-英語力, 転職活動

Copyright© 初めての外資系転職成功のために , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.