初めての外資系転職活動ー最初にやるべき事とは

スポンサーリンク

初めての外資系転職活動ー最初にやるべき事とは

転職エージェント(転職コンサルタント、ヘッドハンター)に会って話をすることです。

 

理由を一言で説明します。

初めての外資系転職活動、

一人でやったら心が折れる

からです。

闇雲に何十社も申し込んで落されてーの、新卒の就活の悪夢を繰り返したいですか?

外資系企業転職にあたって、調査や準備することは山ほどあります。

スポンサーリンク

自分のレジュメ(resume/ CV)、カバーレター(cover letter)

外資系で使うレジュメは、日本の会社向けとはフォーマットが違います。

法令書式の履歴書に手書きで写真貼ってハンコ押したの来たら、私だったら面接しないで落とします。

外資系のレジュメは、どちらかというと職務経歴書をより詳しくしたもの。英語のレジュメを要求される場合もあります。

リクルートエージェントのサイトに、職務経歴書と英文レジュメのサンプルや書き方が載っていますので参考にしてみてください。

職務経歴書の書き方・職種別の書き方見本
職種別に数十種類のサンプルがアップロードされていて、非常に参考になります。
ご自分の職種のサンプルがあったらぜひダウンロードしてください。

「英文履歴書」の書き方のコツ
英文レジュメ(resume, CV)の書き方を丁寧に説明してあります。
こちらはサンプルの数は少ないですが、営業、エンジニア、人事の方のレジュメのサンプルがダウンロードできます。

書き方にはコツとテクニックがあります。例えば、求人内容に寄せて書き方を修正するとか。

最初から自分で調べて、望ましいフォーマットのレジュメに仕上げるのは大変過ぎるし心が折れます。
転職エージェントと、具体的な求人案件の話しをながら、アドバイスももらって準備した方が効率的だし、モチベーションが上がります。

 

自分の職歴や英語力にあった求人を見つける


大概の転職サイトでは、『自分で検索していい案件があったら応募』または『スカウトメールが来るのを待つ』形式になっています。
初めて外資系の求人を探すとき、求めている資質や、英語能力が自分で読み取れますか?自分のスキルと合っているか判断できますか?
その会社、ブラックじゃないですか?

転職エージェントは担当している外資系企業の事を熟知しています。
そして、どんな人材なら担当企業の需要にあうのかも。

転職エージェントは最初の面談が終わると、あなたの適正に合いそうな案件を提案してきてくれます。

もちろん、提案して来てくれた案件に応募するかどうかはあなたの自由です。
何が気に入らなかったか言ってあげれば、エージェントはもうすこし希望に合いそうなものを探してくれるはずです。

そして、応募することをお互いが合意したら、かなりの確率で面接に漕ぎつけるよう相手側の人事と交渉してくれます。

ぶっちゃけ言うと、これまで外資系で働いた事のない方が、自分で直接応募すると面接にたどり着ける可能性は極めて低いです。

面接の作戦を立てる

外資系企業の面接は、日本企業と違って定型のフォーマットはありません。
ノックは3回とか考えなくていいですが、企業ごと、面接官ごとにユニークな面接になる事が多いです。

面白いことに、アマゾンは自社の面接内容を公開しています。ぜひ読んでみてください。

Amazon 対面面接

読みました?すごい大変そうでしょ(笑)

転職エージェントは担当企業に過去何人もの候補者を面接に送り込み、色々とノウハウがたまっています。
無事に面接に漕ぎつけた際には、丁寧に面接対策を指導してくれます。

 

相手企業との駆け引きと交渉


給料はいくら欲しいのか、採用が決まったらいつから働けるのか。
面接のどの段階で話していいか、どう議論したらいいのか。悩ましいトピックですよね。

こういった交渉事は全部転職エージェントがやってくれます。
こと、給与に関しては転職エージェントが渾身の調整をしてくれること間違いなしです。

なんせ、あなたの給料の額が彼らへのコミッションの額に影響しますから(笑)

 

まとめ

外資系企業に転職しよう、転職したい!と思ったら、

すぐ転職エージェント(転職コンサルタント)に会いましょう。

一度も経験したことのない外資系転職、一人で全部やるのは大変過ぎです。

苦労をして職務経歴書や英文レジュメを準備した上に、次から次とお祈りされたら心が折れてしまいます。

転職エージェントは担当企業に採用させるためのノウハウを持っていて、あなたの転職成功を強力に支えてくれます。

『まだ転職検討中だから、いきなり転職エージェントと話してもなあ』

なんて思ってちゃだめですよ!

あなたは外資系転職超初心者、場数を踏んでないと本番で実力が出せません。
転職エージェントと一度面談すると、色々と進め方が分かってきてやる気が出てきますよ。
すぐに転職する予定でなければ、そのように伝えておけば大丈夫。

  • 自分のスキルで何に応募できるかわからない
  • 応募書類、面接、給与交渉、どう進めていいか分からない
  • 自分に合う求人が見つからない
  • とにかくスグに転職したい

転職エージェントはレジュメや職務経歴書の書き方をアドバイスしてくれたり、相手先企業の内情を教えてくれたり、きめ細かいサポートをしてくれ、かなり高い確率で希望企業との面接までもちこんでくれます。
外資系企業への転職に強い転職エージェント企業は下記3社、ぜひ内容をチェックしてみてください。

ランスタッド: https://www.randstad.co.jp/

リクルートエージェント: https://www.r-agent.com/

JACリクルートメント: https://www.jac-recruitment.jp/

気に入ったところがあれば、ぜひ登録して一度転職エージェントと話をしてみて下さい。
あと、転職エージェントの利用料は完全に無料です。
彼らは成功報酬を企業側から貰うモデルになっています。

ちなみに、私は転職活動の際は複数の転職エージェントに登録するようにしています。
そうするとバックアップにもなるし、別で進んでいる案件の話をして、もう一方のエージェントに巻きを入れたりできるからです。

転職エージェント、外資系の転職には非常に頼りになります。活用しない手はありません。

まさるー
まさるー

ご質問、ご意見などありましたら、コメント欄かTwitter(@Gaishiinfo) までお気軽にどうぞ。

スポンサーリンク

外資系に強い転職サイトを活用するべき理由

外資系への転職に慣れている人たちは、すぐに転職の予定がなくても、定期的に転職サイトや企業の求人ページをチェックしています。

なぜでしょうか?

その理由は2つあります。

近い将来キャリアアップできるチャンスがないかチェック

現在求人状況がどのようになっているか、自分のキャリアで応募できる職種があるかどうかなどを日常的に確認して、良い転職機会を見逃さないようにします。

さらに転職サイトにはスカウト機能があり、登録をしておくと、企業の採用担当者や転職エージェントから求人案件のスカウト(応募または面接のオファー)が来ることがあります。
オファーを受けるかは自分で決められますが、魅力的な内容であれば面接に進んでスムーズに転職できてしまうことも。

リストラ等が起きても、すぐに転職活動が開始できるように

外資系企業には事業不振の際にリストラが行われるリスクがあるから、自己防衛の意味で準備を怠らない人が多いです。

外資系企業だけでなく、近年は富士通、ルネサス、キリンビールのような大企業でも既に数千人レベルの早期退職を推進しています。

加えて、新型コロナウィルス感染拡大による経済的打撃を受けて、多くの企業でビジネスが厳しい状況に追い込まれています。

今後、どんな会社で明日リストラが起きても全くおかしくない状況です。

有事の際に機敏に対処できるよう、日ごろから転職サイトで求人情報をチェックしておくことをお勧めします。

外資系企業に強い転職サイトは、ビズリーチが最大手で、外資系、グローバル系の求人が多数掲載されています。

公開求人数
115,000
採用企業数(累計)
13,200
登録ヘッドハンター数
4,300

BIZREACH

企業の求人サイトをバラバラに見るよりも、ビズリーチ1か所だけを集中して効率よく最新の求人がチェックできるのが、大きな強みです。

TVコマーシャルでかなり有名なので、すでに登録している方も多いようですね。
3分程度で簡単に登録完了すれば、すぐに多数の求人案件を検索、閲覧できるようになります。

コメント