【アマゾンの求人100件調べて分かった】TOEIC 500-600点台取得のメリットとは

外資系求人の多くでは、会話まで含めたビジネスレベルの高度な英語力を要求されます。
しかし、一部の職種においては英語が一切不問だったり、会話力までは問わない求人もあります。
この二つに関しては、TOEIC 500点以上を取得しておくと、スコアのない競争相手を引き離せます。

アマゾンジャパンの最新求人案件100件を調査した結果を踏まえつつ、TOEIC 500点台を取得する事のメリットを紹介します。

アマゾンジャパンの求人で英語必須・不問の割合を調査

実際にアマゾンの求人サイト(amazon.jobs)で、最新の求人案件100件の内容を実際に調査しました。(2019/11/21現在)
※1『基本条件』に英語力に関する記載がないものは『英語力不問』とカウントしました。
※2  英語のみで記載されている求人はビジネスレベル必須としました。

結果は以下の通りです。

  • ビジネスレベルの英語力必要  61件
  • メールや資料の読み書きレベルの英語力必要 19件
  • 英語力不問 20件

ご覧の通り、ビジネスレベル(TOEIC L&R 800-900点クラス)の英語力を要求する求人が60%を占めています。
英語の読み書きであれば問題ない方は、残り40%のから応募可能となるわけです。
英語が不得意な方はわずか20%しか応募可能な求人がありません。

アマゾンジャパンは国内企業との取引が多い会社なので、英語力への要求がここまで高いのは少し意外ですね。
英語力不問な職種としては、ベンダーマネージャー(バイヤー)、ロジスティックス系、社内ITサポート系が主なところでした。

Amazonの求人のいくつかに書かれていた、TOEIC L&Rスコアに関する英語力の想定をまとめると

  • 850点以上 高いレベルのコミュニケーション能力
  • 750点以上 電話会議で情報のやり取りができる
  • 600点以上 読み書きに加えて、簡単な英語会話が可能
  • 500点以上 メールや英文資料の読み書きが可能

このような感じで、一般に言われているTOEIC L&Rスコアへの期待値とほぼ同一となっていました。

TOEIC L&R 500点以上があれば応募できる候補数がUP

アマゾンの求人では、20%が英語力不問、あと20%は読み書きレベルの英語力を必要とするものでした。
英語がほとんどできない方だと、全体の20%しか応募できる案件がないことになります。

求人内容にもよりますが、英語の読み書きが問題ない方であれば、ほぼ倍の求人案件が選択肢になるわけです。
これはメリット大きいです。

ただし、問題はご自分の英語力をどうやって証明するかになります。
職務経歴や学歴に英語関連の記載がなければ、書類審査では判断できず微妙です。

ここで間違いなく役に立つのがTOEIC L&Rのスコアです。
TOEIC (読み: トイック、トーイック) には L&R (Listening & Reading)とS&W(Speaking &Writing)の二種類ありますが、通常よく使われるのはL&Rの方です。
アマゾンの調査の結果にもあるように、500点以上が取得できていれば、読み書きレベルは問題ない候補者と判断してもらえそうです。

TOEIC L&Rを受験したことがない方は、まず一回受験して自分の実力を診断しましょう。
試験料は5,830円かかりますが、これで外資転職成功すれば安い経費です。

TOEICは英語の実力を測る試験なので、現在の英語力に沿った得点が出るので、500点以上出れば自信を持てるし、それ以下であれば頑張る課題ができます。
500点以上取る実力が身に付けば、応募できる求人が一気に増えるわけですから。

申し込みは公式ページから簡単にできます。大手コンビニチェーンの端末からも申し込めます。

英語力不問の求人に関しても、多くの場合『歓迎条件』として英語力が求められています。
TOEIC L&R 500点以上が書ければ、スコアのない他の候補者に勝てる可能性は上がりますね。

職務経歴書に英語スキル関連の記載できることがない方は、必ずTOEICを受験しておきましょう!

TOEIC L&Rのトレーニングでビジネス英語の基礎力もUP

TOEIC L&Rはビジネス英語力を測るための試験で、内容のほとんどがビジネスに関する事が取り上げられています。
リスニング・リーディング問題を解く勉強を重ねていく事で、ビジネス英語のボキャブラリーが構築できるとともに、英文読解能力は確実に上がっていきます。
500-600点ぐらいまでスコアを上げていければ、ビジネス文書やメールが、さほど苦も無く読みこなせるようになります。

TOEICの外部レッスンも色々とありますが、個人的にはリクルートのスタディサプリのようなオンラインのコースがコスパ最高で一押しです。
1か月分のコストはTOEIC参考書買うより安いです。

マンツーマン集中トレーニングで一カ月TOEIC200点アップを目指す!なんてコースもありますが、TOEICのスコア向上だけにそこまで入れあげるのもどうかなと。

また、アマゾンのケースでも見られるように、TOEIC 800超のスコアを持っていると『ビジネスレベルの会話力もある』と想定されがちです。
TOEIC対策で勉強するのは500-600点ぐらいにして、それ以上を目指すのであれば、英語力全体を向上させる事をおすすめします。

英語の会話力向上には、至極普通ですが、やっぱり対面式のマンツーマンレッスンが一番効果は高いです。
ただ問題は料金がかなり掛かる事です。
割安なグループレッスンもありますが、個人的にはあまりお勧めしません。
他の生徒が5人もいると、先生の英語を聞く時間より、他の生徒の癖のある英語をずっと聞いて時間を無駄にしてしまうからです。

今どきはオンライン英会話が、コストも時間も節約できておすすめです。

あとは、まずは英会話力を問わない職種で外資系に入って社内で英語をどんどん使う、これが一番ビジネス英語が上達します。

まとめ

 

  • アマゾンの求人では、全体の20%がTOEIC 500点以上の英語力必須
    英語が不得意だと応募できるのは全体の20%しかありません。
    英語メールや資料の読み書きができれば応募できる求人が40%にアップ
  • 職務経歴書に英語関連の記載がない方は必ずTOEIC受験を
    英語の読み書きスキルを証明するためにもTOEICのスコアを取得
    500点以上獲得できれば応募できる候補数が大きくアップ
    多くの英語不問求人でも、英語力は歓迎要項にー競争に勝てるチャンス
  • TOEIC L&Rのトレーニングでビジネス英語の基礎力もアップ
    TOEIC L&Rはビジネス英語力を測る試験
    トレーニングを重ねて、ビジネス英語のボキャブラリーと読解力をアップ
    スタディサプリなど、オンラインレッスンがコスパ的にはお勧めです。

合わせて読みたい

スカウト型転職サイト登録のすすめ

興味のある企業の求人ページのチェックや、スカウト型転職サイトの登録はされていますか?
転職に慣れている人たちは、すぐに転職の予定がなくても、定期的に求人・転職サイトをチェックしています。

なぜでしょうか?

その理由は2つあります。

近い将来キャリアアップできるチャンスがないかチェック

現在求人状況がどのようになっているか、自分のキャリアで応募できる職種があるかどうかなどを日常的に確認して、良い転職機会を見逃さないようにします。

さらに転職サイトにはスカウト機能があり、登録をしておくと、企業の採用担当者や転職エージェントから求人案件のスカウト(応募または面接のオファー)が来ることがあります。
オファーを受けるかは自分で決められますが、魅力的な内容であれば面接に進んでスムーズに転職できてしまうことも。

リストラなどが起きても、すぐに転職活動が開始できるように

リストラは外資系の話だけでなく、富士通、ルネサス、キリンビールのような大企業でも既に数千人レベルの早期退職を推進しており、どんな会社で明日リストラが起きても全くおかしくない状況です。

外資系企業に強いスカウト型転職サイトは、ビズリーチが最大手で、外資系、グローバル系の求人が多数掲載されています。
5-10分ほどの入力で登録完了、すぐに多数の外資系求人案件を検索、閲覧できるようになります。

ビズリーチ公式サイト: https://bizreach.biz/
ー年収600万円以上の方に支持される転職サイト No.1

私は外資系企業で何度か大規模なリストラに巻き込まれた事があります。
大規模なリストラや事実上の退職勧告に近い早期退職が起きると、多数の社員が社内外で一斉に仕事を探し始めるので、競争が激しすぎて勝てません。
転職をしたことがない人の多くは、特にショックが大きくて、何も手が付けられなくなってしまいます。

今すぐ転職する予定がなくても、日ごろから転職サイトで情報収集をしておくことを強くおススメします。

 

コメント