英語力・TOEIC 転職活動

初外資には英会話力不問の職種をおすすめする理由

更新日:

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア

初めて外資系に転職されようとする方、自分の英語力で仕事ができるかどうか心配な方は多いと思います。
外資系求人の多くは英語会話力が必須になっていますが、一部の職種では英会話力不問の求人が多数あります。
たとえ英語の会話に慣れている方でも、初めての外資系転職では英会話力不問の職種に応募されることをお勧めします。

以下、詳しく解説します。

 

英会話力必須の仕事は初めての外資転職にはハードすぎる

外資系求人の多くは、英語によるコミュニケーション力が必須になっています。
その主な理由は、日常的に本社や海外支社との連携が必要か、外国人混成部署になっていて英語が公用語なためです。
また、上司自身が日本語を話さない外国人の場合も良くあります。

製品・サービス担当、企画・開発、広告宣伝、広報、プロキュアメント、人事、経理、財務、、殆どの部署では本社チームとの英語でのコミュニケーションが必須です。
ファーストライン・マネージャー以上の管理職も流ちょうな英語力(fluency in English)を求められます。
アドミン職(administrative assistant, グループアシスタント・秘書)も、外国人との調整が非常に多いため、高い英語力を求められます。
また、営業や顧客サポートの職種であっても、本社や外国人に直接エスカレーションをする職種の場合は英語力が要求されます。

こういった職種の求人では、『ビジネスレベルの英語力』(business level English)が要求されます。
『ビジネスレベルの英語力』は、TOEICでいうと800/900点クラスが期待されている事が多いです。

初めての外資系転職では、『ビジネスレベルの英語力』必須の仕事へのチャレンジはあまりお勧めしません。
一定の英語力のある方でも、英語での難しい交渉、時として外国人の同僚と英語での激しい議論などもあり、いきなりハードルが高すぎるからです。
もちろん、面接する側もそれを理解していますから、外資系の経験のない方をこのような職種には簡単には採用はしません。
応募される方は、レジュメや面接対策など、十分な下準備の上臨んで下さい。
競争相手は他の外資系で経験を積んだ人たちばかりですから。

大分昔の話で恐縮ですが、私初めての外資系でセカンドレベルの技術サポートで採用されてしまい、エスカレーション先のエンジニアの香港訛りの英語と電話で格闘する羽目になりました。
当時英検2級レベルの英語力しかなかったのでひどい目に合いました(遠い目)
当時、英字新聞の求人広告を見て応募したので、当然英語力必須の案件だったんですね…。
皆さんは注意してください。

英語力必須な求人は、英語/日本語並記、または英語のみで掲載されています。
その場合、書かれていなくても大概が英語力必要な職種ので注意しましょう。

 

まずは英会話力不問の仕事で入ってビジネス英語力を磨こう


英語によるコミュニケーションが不問の案件は基本的に日本人顧客対応や、本社との対応がない職種が多いと思います。
例えば、外勤・内勤営業職、販売、バイヤー、フィールドエンジニアやコールセンターの技術・営業サポート職などになります。
アップルストアの接客担当やアマゾンのベンダーマネージャーの求人も、英語力不問のものが多いですね。
またはアシスタント、アソシエイトなどエントリーレベルの求人の多くでも英会話力を問いません。

これらの職種では、顧客対応力に重点がおかれ、英語を話す対応は上司、別組織や上のレベルのサポートが担当します。
ビジネスで英語を使ったことのない方は、まずは英語での口頭のコミュニケーションが日常的でない仕事をお勧めします。
外資系への仕事のやり方をキャッチアップしながら、外国人との交渉の仕方まで覚えるのはハードです。
日本人とのコミュニケーションが中心の仕事をこなしつつ、着実にビジネス英語力を高めていく事をお勧めします。

英語の会話力を問わない求人でも、メールベースでの英語のやりとりや、英語資料の参照を必要とする求人が多く、TOEICだと500-600点クラスが記載されています。

TOEICを受験した事がない方は、早めに受けておいてください。
いざ求人に申し込もうとしたらTOEIC必須で間に合わないのは悲しいですから。
TOEICの申し込みは公式ページから簡単にできます。

TOEIC L&R公式ページ: TOEIC® Listening & Reading Test

英語力不問な求人の多くは、日本語のみで募集要項が記載されています。
求人タイトルが英語でも、中身は日本語だったりすることもあるので、注意して探しましょう。

Twitter(@Gaishiinfo)や当サイトでアップデートしている注目IT求人情報では、英語力不問またはメールでのやり取りレベル必要の案件中心にまとめています。
よろしかったら参考にして下さい。

ビジネスレベルの英語力必須の職種で働くために

製品担当や宣伝広告、英語必須の職種には魅力あるポジションがたくさんあります。
『ビジネスレベルの英語力』、『流ちょうな英語力』が要求される、このような仕事で働くためには、どのように英語力を上げていけばいいのでしょうか。

やはり基本は実際にビジネス英語をたくさん使う事が重要だと思います。
普段は英語の会話をする機会が少ない方は、マンツーマンの英会話教室が一番効果が高いと思います。
グループレッスンの方がマンツーマンより安いですが、無駄に他の人の下手な英語を聞かされるのでお勧めしません。
コストが高すぎるということであれば、オンラインのマンツーマンレッスンがお勧めです。

また、多くの外資系企業では、社員の外国語トレーニングに関して一部または全額補助などを提供していますので活用しましょう。
自分の会社とNDA(守秘義務契約)を締結しているトレーナーがいるところだと、社内情報が入った英語プレゼンテーションの聞き役なども頼めたりして実践的です。

英語力不問の職種で入社しても、社内で英語を話す機会はたくさんあります。
社内の英語での各種トレーニングに参加したり、外国人が多いクラブに入るなり、隣の部署の外人さんとなかよくなるなり。
外資系なんで上下関係でセクハラにならないように注意して恋人を作るなり。
とにかく意識してたくさん英語を話すようにしましょう

自分の英語力があがってきた、と感じたら英語を必要とする職種へ異動を申請してみましょう。
外資系では社内の異動は奨励されており、日本の会社のように上司に邪魔されたりはしません。
あるいは、別の会社の英語必須職種への転職もアリかもしれません。
今度は外資経験済みですから、書類選考の敷居も低くなってますよ。

実際のところ英語を使う仕事で働くのが、一番英語力が向上します。
慣れるまではかなりシンドイですが、頑張っただけ英語力が伸びますし、さらに難しい仕事にもチャレンジできますよ。

まとめ

初めての外資系転職では、英会話力必須の仕事へのチャレンジはあまりお勧めしません。
英語に自信がある人でも、英語での難しい交渉、時として外国人の同僚と英語での激しい議論などもあり、いきなりハードルが高すぎるからです。

初めての外資系転職には、英語力不問の職種をお勧めします。
例えば、外勤・内勤営業職、販売、バイヤー、フィールドエンジニアやコールセンターの技術・営業サポート職などになります。
日本人とのコミュニケーションが中心の仕事をこなしつつ、将来に向けて着実にビジネス英語力を高めていく事をお勧めします。

外資系企業に入社すれば、英語を使う機会は本当にたくさんあります。
英語レッスンなど、自己研鑽と合わせて、日々英語をたくさん使うようにしましょう。
英語力が向上したら、社内の異動も外部への転職の道も広がります。

短期間で英語力を上げたい!と思ったらマンツーマンの集中トレーニングがベストです。
スケジュール的にもかなりハードですし、金額も張りますが短期間での成果はかなりあると思います。

テンナイン・コミュニケーションズ:
英語のプロ、通訳エージェントが開発した1ヶ月の超短期英語プログラム

レアジョブ本気塾:
TOEICスコアは高いけれど話せない方必見!【レアジョブ本気塾】

コストは下がりますが、グループレッスン系は個人的に全くおすすめしません。
他の下手な生徒の下手な英語のスピーチを聞くのは苦痛ですし時間も無駄です。
コストを下げたいなら、オンラインのマンツーマンをお勧めします。

レアジョブオンライン英会話:
会員数50万人突破!業界No.1のオンライン英会話

ご質問、ご意見などありましたら、コメント欄かTwitter(@Gaishiinfo) までお気軽にどうぞ。

 

合わせて読みたい

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア




-英語力・TOEIC, 転職活動

Copyright© 初めての外資系転職成功のために , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.