TOEIC点数 800/900点台が有利なのは外資系転職だけではない

外資、グローバル系に限らず、英語力を必要とする求人では職務経歴書に記載されている内容で英語力を確認します。
過去の職歴や、留学などの海外経験があれば書類選考はOK。
もしなければ、TOEICや英検などの英語資格試験の記載で確認することになります。
それもなければ、選考上かなり不利になってしまいます。

最近では、国内企業の求人で、英語が関係なさそうな職種までTOEICの点を要求するものが増えてきました。

TOEIC(読み:トイック、トーイック)にはTOEIC Listening & Reading(TOEIC L&R)と TOEIC Speaking & Writing (TOEIC S&W)の二種類があります。
TOEIC S&Wでは英語会話力の判定ができるのですが、転職市場での利用はまだ浸透していません。
本記事中では、『TOEIC』の記述はTOEIC L&Rの方を意味します。

TOEIC 800/900点から採用側が期待すること

TOEICはその人の英語スキルを得点で可視化するのが趣旨の試験です。
違う問題でTOEIC試験を受けても、スコアの誤差は10%程度と言われています。

TOEICは基本的にビジネス英語の能力を測定します。
日常的に英語で会話が必要な仕事をしている人がTOEICを受験すると、出てくるスコアがだいたい800/900点台になります。

私が以前勤務していた外資系IT企業では、実際に多くの社員がTOEIC 700点台後半以上でした。
営業・技術営業系は800点前半で、英語の利用頻度が高い開発・マーケティング系は800点後半以上という分布だったと記憶しています。
私は英語を使った職歴がかなり長いため、特に予習をしなくても900点前半取れていました。
(だいぶ前なので、今は900点取れるか怪しいですが 笑)

ですので、職務経歴書等にTOEIC800点以上と記載されている人は、基本的なビジネス英語は*会話も含めて*問題ないだろうと想定されます。

座学だけでTOEIC L&R 800点以上を取ってしまった方は、転職の際には会話は得意でない旨を申し出ておいた方がいいです。

TOEIC、誰でも一度は受験しておくべき

自分は国内企業で英語使わないからTOEICなんて関係ない、という時代ではなくなってきています。

有名なところでは楽天が社内のTOEIC平均が830点になり、外部からの応募はTOEIC800点以上必須になりました。

国内企業の募集要項を最近よく見るのですが、富士通、NEC、トヨタなどの大手企業では英語が関係なさそうな求人ですらTOEICの必須スコアが記載された案件が増えてきています。
遅まきながら、社員の英語力の低さの問題に気が付いて、これから入社する人の敷居を高くしたのではないでしょうか。
外資系やグローバル系の仕事を目指す方はもちろん、将来を考えると誰でもTOEICで自分の英語の実力を確認し、スコアを取得しておくべきです。

流暢に英語が話せるような方でも、書類上の裏付けになりますから、TOEICのスコアを持っておくのはメリットがあります。

TOEIC L&Rは年10回(1・3・4・5・6・7・9・10・11・12月)全国約80都市で実施されていますので、気軽に受験できます。

TOEICの申し込みは公式ページから簡単にできます。
また、セブン-イレブン、ローソン、ミニストップ、ファミリーマートに設置されているコンビニ端末からも申し込むことができます。

TOEICの勉強法

TOEICの試験を申し込んだら、公式問題集は一通り解いておきましょう。
そうすれば、試験会場で慌てずに済み
ます。

ETS公式問題集にはリスニング用のCDも付属し、実際のTOEIC試験の感覚が学習できます。

公式TOEIC Listening & Reading 問題集 5
国際ビジネスコミュニケーション協会
¥3,300(2020/02/06 11:05時点)

一度受けると分かりますが、リスニング100問、ライティング100問を2時間で回答する、TOEICの試験は時間との戦いになります。

リスニングではさっさと回答をマークしないと問題がどんどん先に進んでしまいます。
筆記もかなりのスピードで解いていかないと時間切れになります。

このスピード感覚に慣れるためにはスタディサプリなど、オンライントレーニング系が非常に効果的です。

紙の参考書ではできない、解答時間管理や、学習履歴の記録、間違えた問題を自動でピックアップして再学習など。
スタディサプリで練習していると、自然と時間管理に慣れて行きます。
あと、TOEIC L&Rのリスニングには引っ掛け問題がかなり出てきます。
スタディサプリにもいやらしい引っ掛け問題がたくさんあって訓練が進みます。

短期間での成果もかなり高く、スタディサプリ1か月で、最高250点もアップした方がいるそうです。
TOEICを申し込んだら、試験日までスタディサプリで毎日学習すれば点数がグッと底上げできます。
スタディサプリには複数のコースがあって、TOEICに対応した1週間お試しつきコースは下記の2つだけです。
間違えないようにご注意ください。

スタディサプリ TOEIC L&R対策コース
毎月2,980円の標準コース、1週間お試し体験つき
自分でコツコツ学習できる方はこちらがお勧め
スタディサプリ TOEIC L&R対策コース パーソナルコーチプラン
専属の担当者がつくパーソナルコーチプラン、1週間お試し体験つき
一人で続けるのが苦手な方はこちらがお勧め

スタディサプリのすごく便利なところは、1コマ分のレッスンが3分程度で区切られているため、通勤通学、昼休みなど、隙間時間を利用してスマホ、タブレット、PCのどれでもコツコツ勉強できるところです。
まとまった勉強時間が取りにくい方には超おすすめです。

面接まで、あるいは入社までの1-2カ月で出来る限り会話力も合わせて上げたい!と思ったらマンツーマンの集中トレーニングがベストです。
スケジュール的にもかなりハードですし、金額も張りますが短期間での成果はかなり期待できます。

 
TOEIC L&Rで800点以上は取れたけど、会話がどうにも苦手、という方はビジネス会話に特化したプログリットがお勧めです。
PROGRIT(プログリット)
TOEICは取ったけど話せない、、、そんなあなたに【PROGRIT】

ビジネスマンの総合満足度 No.1
無料説明会お申込みはコチラ 

個人レッスン、特に集中型レッスンは時間の制約とコストがかかります。
コストを下げたいなら、オンラインのマンツーマンをお勧めします。
オンラインのレッスンであれば、スケジュール的にも柔軟性がありますし、室内でスマホが使える環境ならいつでもどこでも、レッスンを受けることができます。

レアジョブなら、オンラインで無料体験レッスンがありますので、一度受講してみると良いと思います。

まとめ

TOEIC 800/900点から採用側が期待すること
採用側では、TOEIC 800/900点台の場合、会話も含めて基本的なビジネス英語は問題ないだろうと想定します。
英語が必須な職種では英語面接で再確認しますが、会話が得点ほどには得意でない方は事前に申し出た方がいいです。

TOEIC、誰でも一度は受験しておくべき
今や、TOEICを要求するのは外資・グローバル職種だけではなくなってきました。
将来を考えると誰もが一度はTOEICを受験して実力を確認しておくべきです。

TOEICの勉強法
TOEICのスコアを上げるのに一番重要なのは総合英語力のアップ。
マンツーマンのレッスンやオンライン英会話などで英語力を鍛えましょう。

ボキャブラリーの向上や試験に慣れることで、TOEICのスコアを底上げすることは可能です。
公式問題集や、スタディサプリなどで試験日まで勉強するのは効果があります。

ご質問、ご意見などありましたら、コメント欄かTwitter(@Gaishiinfo) までお気軽にどうぞ。

あわせて読みたい

外資系に強い転職サイトを活用するべき理由

外資系への転職に慣れている人たちは、すぐに転職の予定がなくても、定期的に転職サイトや企業の求人ページをチェックしています。

なぜでしょうか?

その理由は2つあります。

近い将来キャリアアップできるチャンスがないかチェック

現在求人状況がどのようになっているか、自分のキャリアで応募できる職種があるかどうかなどを日常的に確認して、良い転職機会を見逃さないようにします。

さらに転職サイトにはスカウト機能があり、登録をしておくと、企業の採用担当者や転職エージェントから求人案件のスカウト(応募または面接のオファー)が来ることがあります。
オファーを受けるかは自分で決められますが、魅力的な内容であれば面接に進んでスムーズに転職できてしまうことも。

リストラ等が起きても、すぐに転職活動が開始できるように

外資系企業には事業不振の際にリストラが行われるリスクがあるから、自己防衛の意味で準備を怠らない人が多いです。

外資系企業だけでなく、近年は富士通、ルネサス、キリンビールのような大企業でも既に数千人レベルの早期退職を推進しています。

加えて、新型コロナウィルス感染拡大による経済的打撃を受けて、多くの企業でビジネスが厳しい状況に追い込まれています。

今後、どんな会社で明日リストラが起きても全くおかしくない状況です。

有事の際に機敏に対処できるよう、日ごろから転職サイトで求人情報をチェックしておくことをお勧めします。

外資系企業に強い転職サイトは、ビズリーチが最大手で、外資系、グローバル系の求人が多数掲載されています。

公開求人数
115,000
採用企業数(累計)
13,200
登録ヘッドハンター数
4,300

ビズリーチは外資系はもちろん、スタートアップ企業や国内大手企業など、総合的に求人情報をカバーしている強力なサイトです。

企業の求人サイトをバラバラに見るよりも、ビズリーチ1か所だけを集中して効率よく最新の求人がチェックできるのが、大きな強みです。

TVコマーシャルでかなり有名なので、すでに登録している方も多いようです。
5分程度で簡単に登録完了すれば、すぐに多数の求人案件を検索、閲覧できるようになります。

コメント