試験対策の勉強だけでTOEIC 700点以上取ってもあまり意味がない理由


最近では、外資系だけでなく、一般的な日本企業でもTOEICの得点を要求するところが増えてきています。

そのため、少しでも高い点数を目指そうと勉強されている方も多いでしょう。

ですが、TOEICの練習問題や、TOEIC特化のレッスンだけで700点以上を目指すのはあまり意味がありません。

その理由を説明します。

TOEICの目的

TOEIC(読み:トイック、トーイック)はグローバルに行われている、英語のコミュニケーション能力の実力測定試験です。

TOEICには大きく分けて2種類の試験があります。

TOEIC L&R (Listening & Reading)
選択式のリスニングとリーディングの実力測定試験
TOEIC S&W (Speaking & Writing)
PCベースで行うスピーキングとライティングの実力測定試験

外資系を初めとするグローバルビジネスの求人で多く使われているのはTOEIC L&Rの方です。

TOEIC L&Rは択一式のリスニングとリーディングの試験で、スピーキングの試験はありません。

英語力を必須とする職種の求人において、応募者の英語力審査は非常に重要です。
面接前の書類審査では、提出されたレジュメや職務経歴書から期待するレベルの英語力があるか判断します。

ビジネス経験、留学・海外生活経験などから高い英語力が想定できれば何も問題はありません。

それらがない候補者の英語力を書類審査する場合には、TOEIC L&Rの得点が重要な判断材料になります。

TOEIC S&Wは歴史が浅く、あまり広く認知されていません。
そのため、単に『TOEIC』と言うと通常TOEIC L&Rの方を指します。

採用側のTOEIC L&R 700点以上への期待


英語力が必要な求人の多くには、基準となるTOEIC L&Rの得点が記載されています。
試しにアマゾンジャパンの募集要項を100件ほどチェックしてみると、TOEIC L&Rの得点ごとに期待される英語能力は下記のような状況でした。

  • 850点以上 高いレベルのコミュニケーション能力
  • 750点以上 電話会議で情報のやり取りができる
  • 600点以上 読み書きに加えて、簡単な英語会話が可能
  • 500点以上 メールや英文資料の読み書きが可能

この結果は、他の英語系外資系企業でも同様です。

一般的に外資、グローバル系の求人では、

  • 500-600点レベルでは、メールや資料など、読み書きのコミュニケーションが可能と想定しています。
  • 700点以上では、英語でのビジネス会話が可能と想定しています。

しかし、TOEIC L&Rにはスピーキングの試験がありません。
ですから、TOEIC L&Rで満点の990点を取っていても、会話がほとんどできない人も存在します。

TOEICの点から会話力を期待していた候補者が面接に来て

TOEIC850点ですが、会話はほとんどできません。

なんて言ってくれると、採用側としては大ショックです。

当然転職は失敗、一生懸命勉強した側も時間とお金がもったいないです。

TOEICで600点近辺が取れるようになったら、試験勉強は一旦停止して今後の学習方針を考えましょう。

読み書きレベルの英語力が必要な職種に応募するのであれば、600点あれば十分です。

転職のためにTOEIC L&R 700点以上を目指すのであれば、試験勉強だけでなく、総合的な英語力を上げていくべきだと考えます。

総合的な英語力を上げる学習を


TOEIC L&Rはビジネス会話中心ですので、各種教材を利用したリスニングとリーディングの勉強は継続する価値があります。

あとはやはり実戦的な英会話力向上が一番重要です。

普通にマンツーマンの英会話スクールに行くか、最近でしたらスカイプなどのオンライン英会話を利用すればコストも抑えられるし、スケジュールの調整もしやすいです。

NOVA:
駅前留学のNOVA まずは体験レッスン!

PROGRIT(プログリット):
TOEICは取ったけど話せない、、、そんなあなたに【PROGRIT】

レアジョブオンライン英会話:
会員数50万人突破!業界No.1のオンライン英会話

実のところ、日常的にビジネス英語を使っていると、試験勉強しなくてもTOEIC L&Rで高得点が取れるようになります。
私の元同僚、部下たちで10年以上外資で働いている人たちは800点以上取っていました。
自分の今の英語力に合った外資系企業に転職して、仕事をしながら英語を覚るのが一番手っ取り早いかもしれません。

 

まさるー
まさるー

ご質問、ご意見などありましたら、コメント欄かTwitter(@Gaishiinfo) までお気軽にどうぞ。

 

合わせて読みたい

外資系に強い転職サイトを活用するべき理由

外資系への転職に慣れている人たちは、すぐに転職の予定がなくても、定期的に転職サイトや企業の求人ページをチェックしています。

なぜでしょうか?

その理由は2つあります。

近い将来キャリアアップできるチャンスがないかチェック

現在求人状況がどのようになっているか、自分のキャリアで応募できる職種があるかどうかなどを日常的に確認して、良い転職機会を見逃さないようにします。

さらに転職サイトにはスカウト機能があり、登録をしておくと、企業の採用担当者や転職エージェントから求人案件のスカウト(応募または面接のオファー)が来ることがあります。
オファーを受けるかは自分で決められますが、魅力的な内容であれば面接に進んでスムーズに転職できてしまうことも。

リストラ等が起きても、すぐに転職活動が開始できるように

外資系企業には事業不振の際にリストラが行われるリスクがあるから、自己防衛の意味で準備を怠らない人が多いです。

外資系企業だけでなく、近年は富士通、ルネサス、キリンビールのような大企業でも既に数千人レベルの早期退職を推進しています。

加えて、新型コロナウィルス感染拡大による経済的打撃を受けて、多くの企業でビジネスが厳しい状況に追い込まれています。

今後、どんな会社で明日リストラが起きても全くおかしくない状況です。

有事の際に機敏に対処できるよう、日ごろから転職サイトで求人情報をチェックしておくことをお勧めします。

外資系企業に強い転職サイトは、ビズリーチが最大手で、外資系、グローバル系の求人が多数掲載されています。

公開求人数
115,000
採用企業数(累計)
13,200
登録ヘッドハンター数
4,300

ビズリーチは外資系はもちろん、スタートアップ企業や国内大手企業など、総合的に求人情報をカバーしている強力なサイトです。

企業の求人サイトをバラバラに見るよりも、ビズリーチ1か所だけを集中して効率よく最新の求人がチェックできるのが、大きな強みです。

TVコマーシャルでかなり有名なので、すでに登録している方も多いようです。
5分程度で簡単に登録完了すれば、すぐに多数の求人案件を検索、閲覧できるようになります。

 

 

コメント