3年前GAFAMに転職してたら、2020年RSUは幾らになったか【試算】

入社後の待遇

RSU(譲渡制限付き株式)を給与の一部として付与する外資系企業が増えてきています。
国内でも、メルカリやヤフージャパンがRSUを社員に対して付与し始めました。

RSUとは、株式そのものを報酬の一部として付与するものです。
ただし、入社後2-3年後から毎年決まった株数を行使できるように制限されています。

RSUは給与と並ぶ重要な待遇の一つになりますので、採用時には人事担当から説明があり、オファーレターに付与株数が明記されます。

RSUの実態は株式ですから、その会社の株価によって大きく変動します。
Amazonのように株価が上がり続けている企業に転職後数年、株価が爆上げしてRSUがオファーされた時の数倍になったという話も珍しくありません。

▼直近5年間のAmazon株価推移です。2015年に約540ドルだった株価が5年で5倍以上に暴騰しています。

今回は、GAFAM(Google, Amazon, Facebook, Apple, Microsoft) 各社でRSUをもらって入社したら、入社2年後、3年後幾らぐらいになるのか調査しました。

給与とRSU、サイニングボーナスの関係

RSUが付与される企業に転職する際には、ざっくり上のモデルのような入社後数年の待遇をオファーされます。
※2017年4月に転職した想定にしています。
※※実際のRSUの付与数や売却可能時機、サイニングボーナスからの移行時期などは企業やポジションによって異なります。

このモデルでは2017年、2018年は基本給と2年間限定のサイニングボーナス(サインインボーナス)が100万円、合わせて年収500万円になります。

サイニングボーナスは3年目以降は支払わなくなり、代わりに同額相当のRSUが付与(grant)され、各年度の入社日近辺で権利確定(vest)し、以降は普通の株式としていつでも自由に売却できます。(会社によって権利確定時期などは異なります)

浮き沈みが激しい、ヘタをすると紙切れになるようなストックオプションと異なり、現物の株を時価で付与するRSUは、将来の給与・ボーナスの一部として位置づけることができます。

ここで注意したいのは、入社後1-2年目は確定報酬ですが、3-4年目以降の年収は株価によって上下変動する事がある点です。

GAFAMで100万円分のRSUは幾らになったか

このモデルで、GAFAM(Google, Amazon, Facebook, Apple, Microsoft)からオファーを受け2017年4月に入社した想定で、2019年度と2020年度の年収がいくらになったのか計算してみましょう。

※2017、2019、2020年とも平日の4月3日の株価終値で計算しました。
※※為替レートは全て$1=\110で計算しました。
※※※実際に付与されるRSUの株数、想定株価は、ジョブグレード・レベル(職級)や、その時点の株価、各企業での方針によって異なります。

Googleの場合、2017年4月3日の株価は$838.55で、100万円相当だと11株になります。
実際にオファーをもらう場合、2019年から先4-5年分のRSUが付与されます。年次で段階を付けられることもあります。

2019年4月3日Googleの株価は、$1,013になっています。
100万円相当として入社時にオファーされたRSUは、この時売却すれば約122万円に。
22万円ボーナスが出た気分ですね。

2020年4月3日の株価は$1,328。この時売却すれば約132万円になります。

同じ想定で、Amazon, Facebook, Apple, Microsoftも計算してみました。
参考値として、最後にHPE =ヒューレットパッカード・エンタープライズも入れてあります。

2017年から2019年へは、GAFAM各社かなりの株価上昇がありますが、2018→2019は株価が下がっている企業もあります。
これは、コロナウィルス禍による2020年3月度の株価大暴落があったためです。
それでもGAFAM各社は元値割れをしないで済んでいます。

2020年7月には各社株価を戻してきており、Amazonはなんと$2,800台まで上昇しています。RSU売らずに取っておけば入社時の3.3倍、330万円です。

一方、HPEは$12.37で付与されたRSU,2020年4月には$9.2と元値を下回ってしまい、結果、2020年の年収は当初よりダウンしてしまいます。

このように、株式であるRSUは上下に変動があります。
転職時のオファーレターにRSUが含まれている場合は、給与がその会社の株価で変動する点に注意しましょう。

過去の株価はネットで簡単に調べられますので、オファーを受ける前にその企業の過去の株価からRSUでどのぐらいボーナス上昇が期待できるかどうか検討しましょう。

ところで、RSUは行使可能時機が来たらすぐ売却する必要はありません。
その時の株価と、将来の期待値を考えて、自分で売却時期を決めることができます。

ただし、行使可能時機には確定株式として給与所得になりますので、その時の株式時価に対して税金を納める必要がある点にも注意が必要です。

多くの外資系企業ではRSUへの課税は各人確定申告が必要になります。
社内で資料やトレーニングが準備されていると思いますので、よく読んで手続きをしてください。

初めての外資系転職には転職エージェント

初めての外資系転職に挑戦する方は、わからない事や不安な事ばかりでしょう。

そんな時に相談相手になってくれ、プロフェッショナルな転職サポートをしてくれるのが外資系に特化した転職エージェントです。

転職エージェントは、レジュメや職務経歴書の書き方をアドバイス相手先外資系企業の内情やあなたにベストな求人を教えてくれたり、きめ細かいサポートで、かなりの確率で希望企業との面接に持ち込んでくれます

すでに転職の意思を固めていている方、まずはキャリアアドバイスや自分の職歴をレビューしてもらいたい方は、エージェント型転職サイトへの登録がお勧めです。

転職エージェントのメリットの一つですが、最初の面談から転職完了まで一切コストはかかりません。候補者が採用されて初めて、採用先から成功報酬を受け取るモデルだからです。

外資系に特に強い転職エージェント企業は下記3社です。

どちらのサイトでも登録は3分程度で完了です。

JACリクルートメント公式サイト:https://www.jac-recruitment.jp/
ー年収500~800万円クラスの方に

ランスタッド公式サイト: https://www.randstad.co.jp/
ー年収800万円以上のハイクラス向け
パソナキャリア公式サイト: https://pasonacareer.jp
ー求人数トップクラス、40,000件以上

まだ転職の意思が固まっていない方は、外資系に強い転職サイトへに登録すると良いです。

ビズリーチ

は外資系スタートアップ、大手外資系や国内企業など、総合的に求人情報をカバーしている強力なサイトです。

TVコマーシャルでかなり有名なので、すでに登録している方も多ですが、まだでしたら登録をぜひお薦めします。

企業の求人サイトをバラバラに見るよりも、ビズリーチ1か所だけを集中して効率よく最新の求人がチェックできるのが、大きな強みです。

ビズリーチ公式サイト: https://bizreach.jp

合わせて読みたい

 

 

 

コメント