RSUの仕組み、メリット・デメリット、ストックオプションとの違い【徹底解説】


RSUは、Restricted Stock Unitの略で(譲渡)制限付き株式と呼ばれます。
IT系企業では、Amazon/AWS、Apple、Microsoft、Intel、Googleなどが社員にRSUの付与(grant)を行っています。
このような企業に入社する際には、給与の一部としてRSUを組み込んで合計額を将来の見込み年俸として提案される場合が多いです。

RSUは業績連動ボーナスと位置付けられますが、実体は株式なので、元本保証がありません。入社時に想定した額を下回ってしまう事もあり得ます。
外資系企業へ転職する際には、RSUのメリット・デメリットを理解しておかないと転職の判断に失敗する可能性があります。

RSU、どんな仕組みになっているか、メリット・デメリット含めて詳しく解説します。

RSUは将来の給与の一部を前倒し提示


RSUは簡単にいうとその企業の株式が、報酬として付与されるシステムです。
将来、その企業の株価が何倍にも上がって大金を手にできる可能性もあれば、入社時に提示された額より年収が下がってしまう事もあります。
最近では、外資系企業だけではなく、メルカリ、楽天、ヤフージャパンのように日本企業でもRSUを社員に付与する企業がでてきています。

ただし、RSUで付与される株式は、すぐに現金化する事はできません。
RSUは、『制限付き』の名の通り、売却可能時期に制限が付けられています。
入社時に付与(grantと言います)されたRSUの株式は、通常2-3年後以降に権利が確定(vestと言います)します。
権利確定すると、制限のない普通の株式になり、自分で自由に売却できるようになるのです。
もちろん、将来の上昇を見込んで売却しないで維持する事もできます。
この仕組みにより、RSUは長く働いてくれる社員に対しての報酬的な位置づけになっています。
入社後1年半、手持ちのRSUがあと半年で現金化できる状況なら、もうすこし頑張ろうという気持ちになりますよね。

RSU=株は変動制である点に要注意

株価が伸び盛りの企業で働く場合、付与されたRSUが大化けして凄い金額になる事は良くあります。

例えば、2017年4月に、3年後から毎年20株のRSU(時価180万円分)が売却可能になる、というオファーレターを受けてAmazonに入社したとします。

3年後の2020年4月、Amazonの株価は2.35倍も上昇しています。
結果、RSUで権利確定した株を売却すると約420万円もの収入になってしまいました。
3年間頑張った甲斐がありましたし、来年以降ももっと株式が上昇するよう、自分ももっと頑張ろうという気持ちになりますね。

でも、RSUは株式ですから、大きく下落するケースもあります。
RSUを売却できる時点になったら、自社株が半分まで目減りしてしまうと、入社時の想定よりも収入が激減してしまいます。
その時点で会社の将来性も見えないと、逆に辞めたい気持ちが加速しますよね。

RSUを提供している外資系企業に転職する際には、オファーレターの給与の説明の部分でRSUの株数、付与時の時価に関しても記載されます。

他に内定が出た他社と比較する際には、額面の金額だけでなく、その企業の株価の推移、将来性を勘案して検討する必要があります。

あと、RSUは権利未確定部分は退職したら無効になってしまいます。
退職を考える際には、将来の利益を考えつつ悩みましょう 😛  

権利確定時、売却時に確定申告・納税が必要

RSUのやっかいなポイントは、権利確定(vest)した年度と、売却した年度の確定申告と納税が必要になる点です。

RSUは付与された時点では価値はありませんので、保有していても税金は一切かかりません。
これが、権利確定する年には、売却をしなくても株式時価が給与所得として課税対象になります。
多くの会社では、RSUの権利確定分の申告を個人で行う必要があります。
この場合、翌年の3月までに確定申告と納税(給与所得と合算して累進課税)をする必要があります。

また、権利確定したRSUは普通の株式になります。
権利確定後の売却は、通常の株式と同様、キャピタルゲインに対して20%の課税になります。
外資系企業の多くは、本国の証券会社にRSUの取りまとめをさせています。
その場合日本への源泉徴収課税を自動でやってくれませんので、売却の翌年に確定申告と納税が必要になります。

RSU権利確定の年と売却する年には、翌年いくら税金を納めるか計算しておかないと思わぬ事になりますから、注意が必要です。

ストックオプションとの違い

RSUよりもストックオプションの方が、一般的になじみがあるのではないでしょうか。
ストックオプションもRSU同様、報酬として株式を付与するシステムです。
RSUが権利確定時に現物株が取得できる事に対し、ストックオプションは付与時の株価と、権利確定時の株価の差額を取得できる仕組みになっています。

ストックオプションの株式付与数はRSUに比べてかなり多く、ドットコムバブルのピーク時には、ストックオプションで儲かったので億ションを即金で買ったとか、フェラーリ買ったとかよく耳にしました。

ストックオプションは権利確定時の株価が付与時を下回ると紙キレになってしまうのが大きなデメリットです。
例えば、$40で付与されたストックオプション、権利行使年に$35に下がれば価値ゼロです。
RSUは現物株式なので、会社が傾かない限りは、そこまで極端に下がる事はありません。

元々はストックオプションを社員に付与する方が多くの外資系企業では一般的でした。
ですが、税法上のデメリットから、大手上場企業ではストックオプションに代えてRSUを付与するケースが多くなってきています。

一方、非上場のスタートアップ(ベンチャー)企業ではRSUの現物株は無意味(権利を獲得しても売却できないため)、引き続きストックオプションが付与されています。

まとめ

  • RSUは株式による報酬システム
    ・将来の給与の一部を前倒し提示
    ・IT系外資では、アマゾン/AWS、アップル、マイクロソフト、インテル、グーグル、フェースブックなどが提供
  • RSU=株は変動制である点に要注意
    ・株価が上がれば想定より多い収入が得られる
    ・株式なので、逆に下落すれば想定より収入が下がる
  • 権利確定時、売却時に確定申告・納税が必要
    ・権利確定(vest)した年度と、売却した年度の確定申告と納税が必要
    ・RSU権利確定の年と売却する年には、納税額を準備する必要あり
  • RSUは現物株、ストックオプションは株式上昇分の権利を獲得
    ・上場大手企業ではRSUが一般的
    ・確定時に下落していればストックオプションは紙切れ
    ・未上場企業ではストックオプションが一般的
まさるー
まさるー

ご質問などありましたら記事へのコメントか、
Twitterで@メンション下さい。
匿名での質問希望の方は質問箱へどうぞ。

合わせて読みたい

外資系に強い転職サイトを活用するべき理由

外資系への転職に慣れている人たちは、すぐに転職の予定がなくても、定期的に転職サイトや企業の求人ページをチェックしています。

なぜでしょうか?

その理由は2つあります。

近い将来キャリアアップできるチャンスがないかチェック

現在求人状況がどのようになっているか、自分のキャリアで応募できる職種があるかどうかなどを日常的に確認して、良い転職機会を見逃さないようにします。

さらに転職サイトにはスカウト機能があり、登録をしておくと、企業の採用担当者や転職エージェントから求人案件のスカウト(応募または面接のオファー)が来ることがあります。
オファーを受けるかは自分で決められますが、魅力的な内容であれば面接に進んでスムーズに転職できてしまうことも。

リストラ等が起きても、すぐに転職活動が開始できるように

外資系企業には事業不振の際にリストラが行われるリスクがあるから、自己防衛の意味で準備を怠らない人が多いです。

外資系企業だけでなく、近年は富士通、ルネサス、キリンビールのような大企業でも既に数千人レベルの早期退職を推進しています。

加えて、新型コロナウィルス感染拡大による経済的打撃を受けて、多くの企業でビジネスが厳しい状況に追い込まれています。

今後、どんな会社で明日リストラが起きても全くおかしくない状況です。

有事の際に機敏に対処できるよう、日ごろから転職サイトで求人情報をチェックしておくことをお勧めします。

外資系企業に強い転職サイトは、ビズリーチが最大手で、外資系、グローバル系の求人が多数掲載されています。

公開求人数
115,000
採用企業数(累計)
13,200
登録ヘッドハンター数
4,300

ビズリーチは外資系はもちろん、スタートアップ企業や国内大手企業など、総合的に求人情報をカバーしている強力なサイトです。

企業の求人サイトをバラバラに見るよりも、ビズリーチ1か所だけを集中して効率よく最新の求人がチェックできるのが、大きな強みです。

TVコマーシャルでかなり有名なので、すでに登録している方も多いようです。
5分程度で簡単に登録完了すれば、すぐに多数の求人案件を検索、閲覧できるようになります。

 

コメント