入社後の待遇

入社後の待遇

3年前GAFAMに転職したら2020年RSUは幾らになったか【試算】

ストックオプションに替えてRSU(譲渡制限付き株式)を給与の一部として付与する外資系企業が増えてきています。 GAFAM各社に2017年に入社したら、入社2年後、3年後、RSUは幾らになるのか実際の株価でシミュレーションしてみました。
入社後の待遇

RSUの仕組み、メリット・デメリット、ストックオプションとの違い【徹底解説】

RSUとは、Restricted Stock Unitの略で(譲渡)制限付き株式と呼ばれます。 IT系企業では、Amazon/AWS、Apple、Microsoft、Intel、
入社後の待遇

外資系企業は退職金がないってホント?

確かに、外資系企業の多くでは日本式の退職金システムを持っていません。 代わりに、日本版401kと呼ばれる企業型確定拠出年金(企業型DC)を採用している場合が多いです。 401k
入社後の待遇

外資系のダメ上司たちに気をつけろ

外資系の上司というと、外国人役員だったり、日本人でも英語はネイティブ並み、バリバリ仕事のできるエグゼクティブのイメージがありませんか? 『なんでこの人こんなに仕事が出来るんだ
入社後の待遇

外資系企業で昇進・出世して管理職になるためには

実力主義、成果主義と言われる外資系企業。 フラットな組織体制のため、管理職(people manager)の数は非常に少なく、管理職ポジションをゲットするのは至難の技になっていま
入社後の待遇

格安チケット出張でも航空会社ラウンジに入れる夢のカード

海外出張、何が大変って空港でリラックスできない事。 特に長距離便の乗り継ぎ空港が混んでるとマジ辛いです。 ある日の出張、デュッセルドルフからミュンヘンで乗り継ぎ、 成
入社後の待遇

外資系企業あるある

外資系は年功序列のない実力主義、とよく言われます。でも実際に働いてみないと日本の会社とどう違うのかわかりませんね。 日本の会社で働く方が聞くとびっくりするような、でも実力主義
入社後の待遇

外資系企業の福利厚生は決して悪くない【徹底解説】

外資系企業は日本企業に比べると福利厚生が悪いと誤解されがちです。 実際には外資系の多くで日本企業を上回る充実した福利厚生を提供している企業もあります。 社会保険、退職金、年金など、外資系の福利厚生の実際を詳しく解説します。
入社後の待遇

外資系企業の特徴とその裏側

外資系企業の特徴について、その裏側をぶっちゃけながらいくつかまとめてみます。 英語でのコミュニケーションが得意 外資系企業では、各国の社員間の共通言語は、通常英語です。
入社後の待遇

外資系企業で突然クビになる3つのリスク

外資系社員は仕事ができないと評価されると、すぐにクビになるって思っていませんか。 金融系のディーラーなどで、最高何億円も稼げるけど、その何倍もの売り上げ目標を持たされます