格安チケット出張でも航空会社ラウンジに入れる夢のカード

スポンサーリンク

海外出張、何が大変って空港でリラックスできない事。
特に長距離便の乗り継ぎ空港が混んでるとマジ辛いです。


ある日の出張、デュッセルドルフからミュンヘンで乗り継ぎ、
成田行きの便は4時間遅れ。

ゲートは人で溢れかえっていて、落ち着いて座る場所もない。

レストランもほぼ満杯状態。

正直しんどい。

 

こういう時に航空会社のビジネスクラス・ラウンジに入れれば、シャワーを浴びたりちょっとビールを飲みながらゆったりと座って疲れが取れるのですが。

でも最近はアマゾンやマイクロソフトみたいな超大手ですら、国際線の飛行機は格安チケットのエコノミークラス。

エコノミーで長距離乗り継ぎ国際線フライト、一度やるとわかりますがガッサリ疲れます。

航空会社のマイレージ上級会員ならラウンジに潜り込めますが、格安チケットでは高嶺の花。

 

そんな時に最高に役に立つのがPriority Pass! (プライオリティ・パス)

ご存じない方も多いでしょうが、このPriority Pass、
全世界1300もの空港・航空会社ラウンジに自由に出入りできてしまうんです!
使い方は、提携航空会社のラウンジでPriority Passのカードと飛行機のチケットを出すだけ!
しかも、そのラウンジの航空会社の飛行機に乗らなくてもOK。

 

Priority Pass、まさに夢のカード。

 

Priority Passで使える、世界の1300もの空港ラウンジ検索はこちらから。
関空と成田では、KALのラウンジが使えますね。関空ではなぜかぼてじゅうで無料の食事ができるみたい。

アメリカ方面、LAXとかNYCだとたくさんありますね。

航空会社のラウンジって、普通に飛行機に乗るときは別にいらないんですが、国際線の乗り継ぎの時はあるとないとで大違いです。ないと、、辛すぎます。

Priority Passは全世界1300か所ものラウンジと提携してますから、ほとんど全ての空港で提携のラウンジに入ることができます。

 

で、どうやって夢のPriority Passが入手できるのでしょうか。

 

こちら、Priority Pass年会費になります。

スタンダード会員は年会費約11,000円、ラウンジ利用一回につき$32も取られます。

スタンダード・プラスなら年会費約33,000円、ラウンジ年間10回まで無料。

プレステージはなんと年会費約47,000円、ラウンジ何回使っても無料!

Priority Pass、ちょっと年会費高すぎですね。

 

でも、一番高いプレステージPriority Passが無料でついてくるクレカがあります!

 

楽天プレミアムカードです。年会費は10,800円かかりますが、
47,000円相当のプレステージPriority Passが無料でもらえます。
でも楽天プレミアムカード、一回使うだけで13,000円相当ポイントが付くから、
初年度年会費実質無料ですね。

あまりに話が美味しすぎるのですが、楽天はPriority Passといったいどういう握りをしたんでしょうね。

実は、他にもPriority Passがもらえるクレジットカードがあるのですが、ほとんどがプラチナカード。
プラチナカードだけに、カード会員費はぐっとお高くなっています。
アメックスプラチナなんて年会費驚きの14万もします。

知る限りPriority Passがついてくるクレカは楽天プレミアムカードが最安です。

楽天プレミアムカードはゴールドカードですから、海外旅行保険が自動付帯されたり、購入時に楽天ポイントが加速度的に溜まっていくお得なカードでもあります。
あと、楽天プレミアムカード、国内線ではクレジットカードラウンジが使えます。

(格安)海外出張の多い方、Priority Passがタダでついて来る楽天プレミアムカード、めっちゃお勧めです。

プレステージPriority Passを無料でもらうには、別途手続きが必要です。
楽天プレミアムカードが届いたら、忘れずにカード会員サイトの楽天e-Naviから手続きをしてください。
そうすると2週間ぐらいでPriority Passが届きます!

受け取ったら、ぜひ次の(格安)海外出張で提携ラウンジ使ってみてください。

Priority Passと(格安)搭乗券を出して提携ラウンジにチェックイン。

まずはシャワーでさっぱりして。

ビールでも飲んでゆっくりしましょう。

気分いいですよー&長距離フライトの疲れ取れまくります。

スポンサーリンク

合わせて読みたい

スポンサーリンク

外資系に強い転職サイトを活用するべき理由

外資系への転職に慣れている人たちは、すぐに転職の予定がなくても、定期的に転職サイトや企業の求人ページをチェックしています。

なぜでしょうか?

その理由は2つあります。

近い将来キャリアアップできるチャンスがないかチェック

現在求人状況がどのようになっているか、自分のキャリアで応募できる職種があるかどうかなどを日常的に確認して、良い転職機会を見逃さないようにします。

さらに転職サイトにはスカウト機能があり、登録をしておくと、企業の採用担当者や転職エージェントから求人案件のスカウト(応募または面接のオファー)が来ることがあります。
オファーを受けるかは自分で決められますが、魅力的な内容であれば面接に進んでスムーズに転職できてしまうことも。

リストラ等が起きても、すぐに転職活動が開始できるように

外資系企業には事業不振の際にリストラが行われるリスクがあるから、自己防衛の意味で準備を怠らない人が多いです。

外資系企業だけでなく、近年は富士通、ルネサス、キリンビールのような大企業でも既に数千人レベルの早期退職を推進しています。

加えて、新型コロナウィルス感染拡大による経済的打撃を受けて、多くの企業でビジネスが厳しい状況に追い込まれています。

今後、どんな会社で明日リストラが起きても全くおかしくない状況です。

有事の際に機敏に対処できるよう、日ごろから転職サイトで求人情報をチェックしておくことをお勧めします。

外資系企業に強い転職サイトは、ビズリーチが最大手で、外資系、グローバル系の求人が多数掲載されています。

公開求人数
115,000
採用企業数(累計)
13,200
登録ヘッドハンター数
4,300

BIZREACH

企業の求人サイトをバラバラに見るよりも、ビズリーチ1か所だけを集中して効率よく最新の求人がチェックできるのが、大きな強みです。

TVコマーシャルでかなり有名なので、すでに登録している方も多いようですね。
3分程度で簡単に登録完了すれば、すぐに多数の求人案件を検索、閲覧できるようになります。

コメント