求人情報 職務 転職活動

知らないと損する外資系求人情報の裏側とは

更新日:

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア

外資系企業の求人情報を初めて見た方、募集要項が随分と詳細に書かれていてびっくりしませんでしたか?

この職務内容を書いている人は誰あろう、あなたが採用された場合上司になる人ご本人が自分の言葉で書いているんです。

ですので、職務内容に書かれている内容にはその人の職務に対する思いや、新しく採用する人で必ず欲しいスキルや経験がびっしりと書かれているんです。

それを理解、意識した上でレジュメのアップデートや、面接に進むと非常に良い印象を与えられると思います。

以下、詳しく解説します。

 

募集要項を書いたのは上司になる人

日本の会社だと、募集要項の文章を書くのは、採用活動に手慣れた人事部のリクルーターでしょう。

外資系企業の場合、募集要項の文章は、hiring manager(採用担当マネージャー)=上司になる人、が自分で書いています。

ですので募集要項にはhiring managerが本当に欲しい人材の要件が詳細に書かれています。
募集要項をよく読んで、自分のスキルが如何にhiring managerが欲しい人材にマッチしているかをうまく売り込むことが採用への近道になります。

逆に、募集要項に書かれている内容から、上司になる人物像を読み取れる点もあると思います。

募集要項を書く際に、理想の部下像を表現しようとして熱が感じられる求人をよく見ます。

一方、日本の求人みたいにあっさりしたものもあります。

募集要項を書いたのが上司という前提に則り、どんな候補者がくればその上司は採用をするのか、想像をめぐらせてみましょう。

また、職務経歴書の準備などを始める前に、募集要項に出てくる専門用語や略語などで不明なものは全部調べて理解しておきましょう。

上司が書いた募集要項に沿った職務経歴書の書き方や、面接時の用語の選び方、表現の仕方、上司が興味のある分野への質問などが自然と高評価につながるからです。

『この人俺の欲しいスキル全部持ってるじゃん。完璧。』

って思わせましょう。(盛りすぎはダメですよ)

あと、募集要項には日本語だけ、日英両方、英語だけのものの3種類あると思います。
それぞれ以下の状況が多いです。

  • 日本語だけのものは、英語力をあまり必要としない求人
  • 日英両方のものは、英語力を必要とする求人
  • 英語だけのものは、優れた英語力必須、日本語不問の求人あるいはhiring managerが外国人
    または日本語に翻訳するのがめんどくさい上司だった場合(英語版から書くことが多いです)

 

職務内容で入社後の仕事をイメージ

日本企業の求人では、職務内容は概要だけ書かれている事が多いです。
↓富士通のソリューションセールス求人
(source: fujitsucareer.secure.force.com)

てか、スッカスカ…

一方、外資系企業の求人では、職務内容が詳細に記述されています。
↓AWSのオペレーションスペシャリスト求人
(source: amazon.jobs)

これでもかというぐらい、詳細に職務内容(responsibilities, job description)が書かれています。

外資系の企業文化では、社員の職責はjob descriptionで明確に定義されていて、社員が合意しない限り、その範囲を大きく逸脱する事はできません。
その慣習は募集要項からすでに始まっているので、詳細に仕事内容が記載されているわけです。

募集要項の職務内容部分に書いてある事が、入社後の自分の仕事になるとイメージしてじっくり読み込みましょう。
そうすると、自分に合った仕事なのかどうか、自分のスキルに不足はないのか、面接までに調べておく必要のある情報はないのか。
など、様々な検討ポイントが出てくると思います。

募集要項を何社か見ていくと、何が言いたいのか要領を得ず、具体的な事がよくわからないものが出てきます。
あまり管理職仕事になれていないか、コミュニケーション能力に問題があるか、仕事ができないマネージャーかもしれません。
外資系では上司との良好な関係が自分の成功に直結してますので、気を付けましょう。

ところで、外資系企業の表向きの肩書は『マネージャー』とつくものが多いですが、そのうちの殆どは管理職ポジションではありません。
管理職ポジションであれば、 職務内容にチームマネジメントやスタッフ管理(people management)などと書かれています。
待遇の項があれば、Individual Contributor (I.C.; スタッフレベル)か Managerのどちらかが書かれているはずです。

 

必須・歓迎条件と自分のスキルを比較する

↓AWSのオペレーションスペシャリスト求人
(source: amazon.jobs)

必須・基本条件(minimum qualifications)と歓迎条件(preferred qualifications)の内容は、hiring managerが欲しい人材のスキルが書かれています。
条件を書いているときの気持ちからすると、全部必須にしたいのですが、そうするといつまでも採用ができません。
歓迎条件でオプションにしているのは妥協の産物です。

条件が箇条書きでリストアップされている場合、だいたいの場合最も重要なものから順番になっています。

職務経歴書やレジュメを手元において、必須・歓迎条件の項目にあたる経験やスキルが自分の職歴上にあるかチェックしていきましょう。
それぞれ、仕事上での具体的な例をまとめておきます。

必須条件に書かれていて、自分の職歴上得ていないスキルがあった場合、他に代用できるものがないか考えましょう。
例えば、仕事で商用のコードは書いたことがないが、趣味でアプリをリリースしている、とか。
外資系企業は結果主義なので、成果が出せるのであれば過程に関してはフレキシブルです。

あと、一部のエンジニアなどを除いて、IT系では学歴に対する要件は必ずしも必須でないので、あまり気にする必要はありません。
上司としては募集要項に書かれた内容の仕事を100%以上達成してくれる人なら、細かいことはいいんです。
そのかわり、必要条件中で自分の得意分野と実績に関しては、職務経歴書の目立つ場所に詳しく記述するなり、カバーレターに記載するなりして目立たせましょう。

上記のAWS求人にあるように、英語でTOEICの点を要求されるケースは良くあります。

もし受験した事がなければ、TOEIC L&Rは年10回、全国約80都市で実施されていますので、時間があるうちに受けておきましょう。

TOEIC公式ページ: TOEIC® Listening & Reading Test

TOEICの試験を申し込んだら、公式問題集は一通り解いておくと試験会場で慌てずに済むと思います。

 

まとめ

外資系企業の求人情報、募集要項は上司自身が自分の言葉で書いています。
ですから、職務内容はその上司が新しい部下に課する仕事内容の詳細が書かれています。
熟読して、自分に合う仕事なのか、やりたい仕事なのか慎重に検討しましょう。

必須・歓迎条件には上司が欲しい人材のスキルが全部登場しています。
一つづつ、自分の職歴上の経験や資格などと照らし合わせ、職務経歴書でハイライトして、書類審査の際にベストな人材と感じてもらえるようにしましょう。
要求されるスキルに対応する実経験は、面接で聞かれる事が多いので、書類選考通過後はシナリオ(speaking points)を準備しておきましょう。

  • 募集要項は募集職種の上司自身が書いています
    募集要項をよく読んで、自分のスキルが如何に欲しい人材にマッチしているかをうまく売り込みましょう
  • 職務内容には詳細に仕事の内容が記載されています
    募集要項の職務内容部分に書いてある事が、入社後の自分の仕事になるとイメージしてじっくり読み込みましょう。
  • 必須・歓迎条件と自分のスキルを比較する
    必須と歓迎条件の内容は、hiring managerが欲しい人材のスキルが書かれています。
    対応する経験やスキルが自分の職歴上にあるかチェックしていきましょう。

ご質問、ご意見などありましたら、コメント欄かTwitter(@Gaishiinfo) までお気軽にどうぞ。

 

合わせて読みたい

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア




-求人情報, 職務, 転職活動

Copyright© 初めての外資系転職成功のために , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.